2020/01/03

いやぁ、熱いぜ!

ラズパイ4の続編です。

ラズパイのケースは、店で最安値だった、白とピンク(「マジェンダだ」by ディケイド)のものなのですが、このケースやたら厚く、通風口がない。このため、熱が溜まりやすく、CPU温度が70℃近くになってしまいます。

解決案は、ケースの上蓋を外して基盤むき出しで使うでした。現在、温度は56〜63℃前後で推移位しています。これでも、基盤裏面が冷えないので、ちょっと考えものです。

現在、ラズパイ4はmp3再生マシン、兼、インターネット・アクセスマシンになってます。

 

| | コメント (0)

2020/01/02

お正月、ラズパイ4に翻弄される

あけましておめでとうございます。

で、ラズパイ4です。

帰省するので、足を失くした古いモニタを持って帰ってラズパイ4を動かそうとしたのですが。。。

おおっと、HDMIがマイクロになってる。。。ケーブルがぁ! 元旦から営業のジョーシンへ行く。。。

ラズパイ3に入れてあったMicroSDを入れてみる。。。立ち上がった!ケースに入れるために電源切って、再度動かそうとすると、あれ?動かない。MicroSDが凄い熱を持っている。。。Windows PCに入れても、認識できない。。。

幸い、ラズパイ3Bは、素晴らしく安定して動いていたので、そちらで、正常に動いているMicroSDをラズパイ4に入れてみる。結果は同じ。一度電源を切ったら、お釈迦でした。

結局、MicroSD(32GB)を2枚食われました。。。

手持ちで残った、64GBにNOOBS入れて差し込んだのですが、今度は、何も動きませんでした。NOOBSは、exFatに対応していないようです。Windows 10では、Fat32を選択できません。

で、ネット調べてみました。結論としては、exFatでFormatしておき、公式ホームページで、「Fat32 Format」からプログラムをダウンロードして実行する必要がありました。詳しくは、この ページを参照してください。

さて、Fat32フォーマットされたMicroSDにNOOBSを入れて、起動してみましたが、途中でラズパイがリセットしてしまう現象が多発しました。よく考えると、ハードの負荷でSDが飛んだ可能性があったので、最大出力の小さなUSB電源(コンセントからUSBに電源を供給する、コンビニに、よく売ってるやつ)を使ってました。これ、1.8A前後の出力でした。

はい、電力不足です(笑)。でもその時点では気づかず、ラズパイ3Bでセットアップし、ラズパイ4に戻し、やはり、時々、リセットされて、ようやく気が付きました。

電源を、大電流のものに交換し、ケースに、きちんと収めて立ち上げると、正常動作します。SDを壊した原因は、電源を切る際に、本体側のコネクタから、ケーブルを引き抜いていたため、その際に基板に触れてしまったか、抜き方が悪く、サージがかかったのかもしれません。
この辺りを、改善してからは、うまく動いているようです。

でも、MicroSDの予備が亡くなったので、また買いに、また、ジョーシンへ行く羽目になりましたが。。。

さて、使用感ですが、やはりメモリが大きいのは、良いことです。CPUも、それないりに速いかなと思います。Youtubeの1080のミュージックビデオをフルスクリーンモードで再生しても、カクつきもほとんどなく、快適に再生できるようです。とはいえ、ダンスシーンは、カクつきます。これは描画側の問題かなぁ。

そして、USBのポートには青色が2つ、黒色が2つになっています。青の2つはUSB 3で、これで、外部のHDDとかが便利になりそうです。

とりあえず、サーバー用途には使えそうですが、一つ問題があります。今回、本体んとケースだけなので、あっという間に高温になります。

ヒートシンクを付けていないので、PyCharmあたりを動かしていると、熱の警告が表示されました。基本的にヒートシンクと、できればファン付きのケースが必要かもしれません。

以上、ファーストインプレッションでした。

 

 

| | コメント (0)

2018/12/31

Python Programing on Raspberry PI 3B+

とりあえず、正月休みで実家に帰って,使えるLinuxマシンがラズパイだけになってしまった。
で、最初Geany使おうかと思ったが、デフォで入ってるのね。Thonnyが、

とりあえず、最低限のインテリセンスの補完は効くみたいなので、これでとりあえずやってみます。

って、日本語入力できないじゃん・・・。
駄目だこりゃ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/15

高画質だとカクカクだぁ

Omxplayerで720fpsの画像を再生するとフレーム飛びが発生しまくってカクカクです。
このあたりが限界かも。。。

別の方法模索中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/14

結論、思ったより快適なのね

ラズパイで、ニコ動も見れるのかぁ・・・

ということで、やっぱりLinuxは軽いんだなぁと実感しております。

ただ、USBに挿したHDDがReadOnlyだったりするので、このあたりは要調査だろうけど。
さて、次はROSでも入れましょうかね。。。

本体が7,000円弱
HDMI対応モニタは2万円以下である(15インチより21インチのほうが安い)。
MicroSDは安ければ2,000円くらいか。
キーボードとマウスも5,000円あれば揃いそう。

で、3万円あればデスクトップPCが手に入ると考えると、ノートPCと競合可能かもしれない。まぁ、HDDを入れると、あと1万円弱必要だが、持ち運びを考えなければ、下手なATOMノートより安くつくのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっとインストール完了

ラズパイ3B+のインストール完了。

久しぶりのインストールだったので、
「ああ、そういえば、こんなことしないとだったよね」
がありました。

インストールが完了すると、システムアップデートするか出てくるのですが、これが失敗してしまいました。どのみちaptのアップデートを行うので、これはスキップして良かったです。

それと、日本語でインストールしても、日本語入力が使えません。
このため、aptでmozcを持ってきます。

$ sudo apt-get install fcitx-mozc

導入したらリブートで日本語入力が動き出します。
これで、ラズパイからブログを入力できるようになりました(現在、ラズパイから入力中)

そういえば、デフォルトのWEBブラウザもChromiumになってたんでしたね。このあたりの使い勝手も良いかも。

さて、次が動画再生です。
旅先にはHDDにmp4ファイルを入れて持っていくので、これの再生がしたいところ。
vlcを入れようかとも思ったのですが、インストールが途中で失敗したので、コマンドライン版のOmxplayerを使ってみました。

ここにファイルマネージャーからの呼び出し方法があったので、早速設定してファイルを再生してみたら、あれ?音が出ない?

はい、音は、デフォルトでHDMIに行くようです。オーディオジャックに出すには、以下の設定が必要。

$ amixer cset numid=3 1

はい、無事に音も出るようになりました。ちなみに上の設定はリブートすると消えるようなので、~/.bashrcに入れてあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラズパイ3B+をやっと手に入れました

お盆です。
帰省中です。。
ネット&PC環境が。。。。。

帰省前に京都マルツに行ったら、やっとこさラズパイ3B+が出ていたので、買ってきました。
とりあえず、3B用のヒートシンクも買ってきましたが、裏側のチップが大きくなっており、ヒートシンクが合わない感じです。

で、余っていたモニタと、キーボード&マウスを実家に持ち込んで、使ってみることにしたのですが。。。

動いている3BからマイクロSDを抜いて、3B+に挿し込んで起動させたのですが、あれ? 起動しない???
3Bに挿すと起動する。。。

まぁ、このSDは2B+のころから使っているからなぁ。

ということで、最新のNOOBSをダウンロードし新しいSD(32GB)に入れて起動してみました。

よし、立ち上がった。

現在、無事にraspbianのインストールを終え、最初のOSアップデートに入っているのですが、
ネット環境がスマホでテザリングなんだよねぇ。。。
通信量が。。。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/05

Raspberry Pi 2 Model B 買ってみた

久しぶりにマルツに行ったら、ラズパイ2があったので買ってみた。
専用OSやらubuntuやら乗っけて遊んでます。

とりあえず、動かすのに最低限必要そうなものを買いそろえました。

・本体
・専用ケース(これもマルツに売ってました)
・マイクロSD(最初に32GBのクラス4を買ってきましたが、後でclass10のものを追加で購入しました)
・HDMI→VGA変換(いまどき、こんな骨董品のディスプレー使ってる人っているのかな)
 ※某、大型家電量販店でワゴンセールしていたジャンクを発見して購入、2,000円しませんでした。
・USBキーボードとUSBマウスは、元々、あったものを使用。
・USB2のHUB
・スマホ用の充電機(持っていたものが、出力最大2Aだったので、そのまま使いました)

とりあえず、据え置きで使うので、有線LANを繋ぎます。
USBは4ポートありますが、不足しそうだったのでUSB2のHUB(電源が虚級出来るもの)を買ったのですが、
本体の電源は、前に買ったスマホ用の充電機を使ってます。

使ってみた感じ、まぁ、良くできています。
とはいえ、メモリこそ1GBありますが、CPUは、それなりの性能ですね。まぁ、Model Bは4コア載ってますから、
並行動作させて、やっとこさという感じです。

まずは、ROSを載せたかったので、lubuntuを入れてみました。まぁ、それなりに動いているようです。
で、今度は、raspbianをインストールして、ROSをビルドしています。いやぁ、こっちは手間がかかりますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)