2018/05/06

Gnome3に戻る

Gnomeは、デスクトップへのアイコン表示が、相変わらず出来ませんが、一応、戻しました。

起動時のメモリ使用量が、Gnome:1.6G/ Cinnamon:1.8Gだったためです。
(ちなみに、XFaceは1.2GBくらいでした、もう一声小さくしたいので、LXDEでも試してみますか)

それにしても、相変わらず、Fedoraはアップデートの度にやってくれますね。
特に、偶数番は・・・。
※過去において、奇数番号がついたリリースが安定版で、偶数番号がついたリリースがテスト版と言われた時期がありました。流石に、今はないと思いますがね。。。
まぁ、今やRHELのテスト版リリース扱いなので、奇遇関係なく、やらかしてますけど(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

原因判明

Gnome端末が動かないので、XFace端末から、Gnome端末を直接起動してみたところ、

$ gnome-terminal

おや? 「指定のLocaleはサポートしてないよ」というメッセージが出て止まってますな。。。

locale確認すると、ja_JP.utf8 なんだけど・・・・。
これは、アップデート時に、日本語サポートを入れなかった?
で、ググって、ここを見つけました。

とりあえず、以下を実行して再起動。おお、Gnome端末が立ち上がる、Gnome3で日付も表示されている!

$ sudo dnf install -y langpacks-ja
$ sudo dnf group install -y japanese-support

Cinnamonも、メニューが日本語化されてますね。mozcも使用可能です。

さて、どっちを使いますかねぇ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ログアウトして切り替え可能だが、

とりあえず、Cinnamonで動かしてます。
Gnome3は、相変わらず日付けと時間が表示できず、デスクトップも表示不能。多分、Tweekが対応していないのかも。

Fedora Cinnamonは、日本語化がイマイチで、nemoのメニュー等まで英語になっており、使い勝手は、Gnome3と変わらないですね。

また、Gnome3、Cinnamon共にGnome端末が起動不能です。

とりあえず、Gnome3がマトモになるまでCinnamonを使いましょうかね。

そろそろ、Fedoraから離れるのも良いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/05

で、Cinnamonはシナモンで。。。

ibusが動かず、日本語入力ができなかった。
メニューのi-bus設定を有効にして、再起動してみたのだが、ibus-mozcが動かない。。。
現在、kkcを使っているのだが、正直使いたくないよなぁ。。。

あと、Gnome端末が起動できない!
こっちは、前にXFaceを入れていたので、そちらの端末が起動でき、なんとかなった。


とりあえず、しばらくは、こちらで言ってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fedora28にアップデート

そんな時期です(笑)

で、ダウンロード30分弱、インストール2時間でアップデートしましたが・・・

案の定、Gnome3で問題発生。
①デスクトップのファイルが表示されない(まぁ、いつものこと)
②トップバーに日付、時間が表示されない

②は、とりあえず、Tweekを使うと時間と曜日だけ出力されましたが、リブートすると、また消えます。

相変わらず、

GNOME3は使えないな!

現在Cinnamonを導入中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/27

Fedora 25 が出たので その後(一部解決編)

うーん、なんだかなぁ。

一部の問題が解決しました。

① nautilusが動画サブネイルを作らない
はい、うんともすんともですね。~/.cache/thumbnailsを削除すると、ぜ〜んぶ、映画フイルムマークですわ(嘲笑)
で、原因はというと、/usr/share/thumbnailers の下に適当なスクリプトが無いためです。
いやホント、このディレクトリ見てみましたが、ほとんどナーンにも入ってませんでした。
で、昔の記憶が蘇ってきました。

そういえば、ffmpegthumbnailer てのがあったよね。

というわけで、早速インストールです。

$ sudo dnf install ffmpegthumbnailer

これで、ちゃんと/usr/share/thumbnailers下にもスクリプトが登録されます。
おおっ! サブネールが出始めました!!

で、解決。

② tint2(起動したウインドウのリストを画面下に表示する)がfirefox以外のアプリに反応しない
これは、正確には、端末やnautilusが出てこないよで、GNOMEで提供された以外のアプリは表示されます。
これは、場当たり的に解決しました。

まず、tint2をアンインストールし、gnome-tweak-toolの拡張機能でWindow Listというのがあったので、それをONにしました。これで、GNOME2のように下側にリスト表示がされます。

まぁ、これでも、まぁ、いいかなという事で解決。


駄菓子歌詞・・・、だがしかし、
デスクトップへのアイコン表示は相変わらず出来ません。
MATEやCinnamonでどうなるか試そうと、ディスプレイマネージャー をgdmからlightdmに切り替えたら、MATEやCinnamonで、あっさり表示されたのはいいのですが、この環境では日本語が使えない。
※正確には、入力メソッド(IM)が、うまく設定できず日本語入力が出来ない。

なので、これは、ちょっと様子見です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そしてGNOMEは・・・

もう一つ、Fedora25の問題点、
tweak-toolで設定しても、デスクトップにアイコンが表示されません!

まったく、何がなんでも「Macしたい病」ですな。Gnomeって、まさに死体化している気がする・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fedora 25が出たので

久々のFedoraの話題

かなり前に、Core2Duo搭載のマシンが悲鳴を上げたので、PCを交換しました。
で、プレインストールされていたWindows10を潰して、ubuntuの12LTS入れてみたのですが、画面周りがマズイらしく、何をやっても、1024x768以上が表示できない状態でした。

その他にも、いろいろと不具合があったので、Fedora23に乗り換えて問題解決となりました。

で、Fedora 25が出たのでFedora 23からアップデートしました。

とりあえず、一通りは動いているのですが、いくつか問題点が出ています。

① nautilusが動画サブネイルを作らない
② tint2(起動したウインドウのリストを画面下に表示する)がfirefox以外のアプリに反応しない

です。
そういえば、前にFedoraをアップデートした時も①が出ていたような。ubuntuもか・・・
Fedoraチームって、こうゆうの試さないんですかね。毎度の事ですが気が利かない。まぁ、売り物(RHL)では修正してるんでしょうが、アプデの都度、調整がいるようでは、Windowsに勝てないよねぇ。

②についてはGNOME3の「Macしたい病」で、GNOME2にあったのに、外されてしまった機能を補完しているのですが、何か変になってます。

うーん、これらって、GNOME使わなければ大丈夫な気がしてきたぞ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/09

1.8.9に上げてみますか(その1)

Minecraftは1.5.2の頃からやってるんですが、多数の皆様と異なって、Linux上でプレイしています。
とはいえ、JAVAで構築されているので、Windowsな環境とあまり変わらず、ひょっとすると軽いのかもしれません、

現状で、PCはi5/メモリ8GBで、グラボは付いていませんが、それなりにプレイ出来ています。

で、基本的には、MODを大量に入れて(場合によっては作って)楽しむ派タイプのプレーヤーです。チート嫌いの方は、戻るボタンです(笑)

さて、そんな訳で、1.7.10で永らくメイドさんと遊んでいたのですが、そろそろ、バージョンあげましょうかということで、1.8の最新版1.8.9を導入してみました。(えっ、1.10? MODも出揃ってませんので、「何の事かな?」ですよ、ハイ)

まぁ、LinuxでMinecraftやろうっていう、ある意味、変た・・ 猛者の方がMOD導入で苦労するとも思えないので、何を導入したかについてメモ程度に書いておこうと思います。

まず、Minecraft 1.8.9のバニラを吸い込んできました。私の場合、時々、Mincraftランチャーでlastestで最新版をロードしていましたが、1.8.9は動かしたことがなかったので、とりあえず、ベースになるプロファイルを作成しました。ただ、設定が面倒だったので1.7.10のプロファイルをコピーして、必要箇所のみ書き換えました。変更箇所は以下のようになります。

Profile Namesまあ、そうなるな
Game Directory /home/<ホームディレクトリ>/.minecraft/1.8.9としてあります。複数バージョンを使用する場合、こうしておかないと全て同じ場所になってしまうので、特にMODのことを考えるとバージョンごとに分けておいたほうが良いです。ちなみに、.minecraftはシンボルリンクで大容量HDDにリンクされていますので容量的には大丈夫です。
ResolutinデフォルトだとMODの表示が入らない場合があるので、1248x676にしてあります。
Use Version一旦、release 1.8.9にしましたがForge導入したら変更します。目的のリリースが見当たらなかったらlastestにして最新版をとってきます。
JVM Argments-Dfml.ignorePatchDiscrepancies=true -Xmx1G

さて、これで起動を確認したら、次は・・・

何はなくても最初はForge、入っていないと何にも出来ん。大阪ストラッド〜♪ きーほん!
すいません、意味不明でしたね・・・。

てなわけで、Forge導入です。この辺りのページから該当バージョンのインストーラーを落としてきました。現時点の最新版でとったので、11.15.1.1902でした。
あとは、JAVAでインストーラを起動するだけです。ちなみに、ディストリがFedoraなのでふつーにOpen JDK使ってます。

$ java -jar ./forge-1.8.9-11.15.1.1902-1.8.9-installer.jar

これで、ForgeインストーラーのGUIが動くので、クライアントに適用してやれば導入済みののものが、.minecraft/versions下に出来て、Mincraftランチャーのプロファイルで選べるようになります。

で先ほど作った、プロファイルのUse Versionのドロップダウンで探してみると、

release 1.8.9-forge1.8.9-11.15.1.1902-1.8.9

というのが出来てるので、そちらに切り替えて導入完了です。一旦起動してうまく行ったか確認します。

次は、OptiFineです。最近のOptiFineはForgeのModフォルダに入れれば動くので楽ですね。
この辺りから最新版をとってきて、modフォルダ(プロファイルで、Game Directoryを変更している場合は、その下にできるmodフォルダです。上記の場合、/home/<ホームディレクトリ>/.minecraft/1.8.9/modになります)に入れればOKです。

さて、これでMOD導入できるようになりましたが、私が使う一部のMODはLiteLoaderを使うので、こいつをForgeと共存させるようにしておきます。とは言え、やり方は簡単でした。

この辺りから、LiteLoaderのjarファイルをダウンロードしてきます。jarファイルの実態はzipですので、Fedoraの場合、ダブルクリックすればアーカイブマネージャーで開くことが出来ます。開いたアーカイブ中のjarを探して(今回はliteloader-1.8.9-SNAPSHOT-release.jarというファイルが入っていました)、それをForgeのmodフォルダに展開するだけです。

さて、これでMOD導入の準備完了です。さて、あとはメイドさんかなぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/06

btrfsって遅い・・・。USB3のHDD増設だ!

Fedora 18を再インストした時に、ファイルシステムをext4からbtrfs(これ、b-tree filesystemの略称なんだが、「バターfs」と呼ぶ人がいるらしい。普通に「びーちーあーる、えふえす」でいいと思うのだが)に変更したのだが、このファイルシステム、体感的に、すこぶる遅い

最もストレスを感じていたのが、KVM上でVistaを動かしていた時で、目に見えて遅くなってしまった。

そんな折、外付けHDDの容量が、そろそろ心配になってきた。なにせ、Vistaの仮想ディスク・ファイルだけで、現状90GBあるので、複数バックアップすると、1TBでも、あっという間に一杯になる。しかも、USB2で接続しているのでファイルのコピーも酷く時間がかかる。

そこで、外付けHDDを買いに行くついでに、USB-3のIFボードも買ってくることにした。

ところが・・・、

Linux対応しているIFボードがほとんど無い!!

ものは試しにと、手元にあったLogitecのボードを差してみたが、ボード自体は認識したものの、外付けHDDは電源ランプすら点灯せず。まぁ、そらそうか。

そんな中、ありました、RAOTOCのREX-PEU3XというPCI Expressに挿すタイプのボードです。さっそく、外付けHDDと共に買いつけてきました。

IFボードを差し込んで、USB3対応のHDDを繋ぎ、PCの電源をON。外付けHDDはNTFSでフォーマットされていたので、Fedora18で、何事もなく認識。すばらしぃ!

さっそく、ext4に再フォーマットして、Vistaの仮想ディスク・ファイルを移してみることにした。

PC本体のbtrfsから、外付けHDD(USB3接続)のext4へファイルを転送すると、なんと外付けHDDのアクセスランプが点滅→停止を繰り返す(要するに外付けHDDが暇になっている)という、笑えない状態になり、無事転送を完了。

仮想マシンの仮想ディスクを外付けHDDに切り替えてVistaを起動・・・。

うわぁ、速いじゃん!

外付けHDDは音も静かで、なかなか良い感じ。

さて、次世代のファイルシステム候補の一つであるbtrfsですが、現状で主流となるには、まだ厳しいですな。まぁ、開発途中との事ですし・・・(とは言え、開発途中と言い続けて、早数年)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧