2013/03/30

やっとICカードの相互利用開始。だが・・・

やっと、全国のICカードの相互利用が開始されました。

関西では、PiTaPaしか使えなかった私鉄でICOCA(Suica)が使えるようになり、かなり便利になりそうです。特に、現状、お財布携帯で利用できるのがMobile Suicaだけなので、これが全私鉄で使えるのは、大きいですね。これで、JRと私鉄で別のICカードを持つ必要がなくなります。

また、関西圏以外から来られる方にとっても、いつも使っているICカードを利用出きるようになり、利便性が大きく改善されるのでは?

しかし、この流れに乗り遅れた交通機関があります。京都市営バス、いわゆる市バスです。

この市バス、基本的に大赤字で、毎年、京都市から多額の補助金で穴埋めしている状況です。
なので、各バスにICカードの読み取り器を取り付ける予算が無いとかで、PiTaPa(関東圏のPASMOにあたるもの)にも対応せず、かなり使い難い交通機関でありました。
そうこうしている内に、ICカードの相互利用が開始されてしまい、ますます他の交通機関との差がひらいてしまう結果となりました。

何といっても、同じ京都市営地下鉄は(乗り入れしている近鉄と関係もあってか)、ICカードの相互利用に対応してしまったので、「同じ京都市営なのに、なぜ使用できない!」と、ますます市バスを敬遠する人が出てくるのではと思います。(私も、選択肢が他にない場合以外は、乗りたいとは思わない。)

さすがに批判が多かったのか、焦った京都市交通局は、2014年度中に市バスのICカード対応を行うと表明したようですが、今までの事を考えると、「2015年3月末で不完全ながら対応。」てな事になって、「○○というICカード以外は使えません。」とか言っていそうな気がします。

そもそも、京都は観光で来られる方が多く、地下鉄網が貧弱なので、市内の移動にはバスを利用しようと考える人が多いはず。ICカードの相互利用が出来れば、「お手持ちのカードで乗車できます!」と謳って、利用客UPにもつなげるチャンスなので、本来なら率先して導入してもらいたい所ですが、この始末です。通勤で使わざるをえない私などは、経路に市バスが挟まるだけで気が重くなります。


ホームページを見ると「マイカーをやめて、エコな市バスに!」なんて謳っているようですが、交通機関はサービス業であり、サービスの質が悪ければ使ってもらえないのは自明ではないでしょうか?

例えば、

  • 各鉄道(市営地下鉄含む)の主要駅にバス停があるのに、その鉄道のダイヤを無視した時間表で運行されており、吹き晒しのバス停で長時間待たされた。
  • 最終電車で駅に到着したら、とうの昔にバスは運行を終えており、結局タクシーに乗るしかなかった。
  • 大学の入試があったのか、バス停には人集りが出来ているが、臨時ダイアが組まれず、なかなかバスに乗れない。乗ってみると、すし詰めで気分が悪くなった。

京都市民なら、こういった経験が、あるのではないでしょうか。

こういった事が、「少し、お金がかかってもマイカーやタクシーで行く方がよい。」という判断につながっているように思います。実際、京都に観光で来られる方に、「市バスは、お勧め出来ないです。」と言った経験が、一度や二度、いやもっと沢山あるのではないでしょうか?

こうゆうのを、知恵を出して解決するのが経営手腕なんじゃないかとも思うののですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/10

すっかりYou Tubeヘビーユーザー

境ホラもDog Days'も終わってしまい、すっかりTVが遠くなった今日この頃です。

そんな訳で、帰宅してもTV見ずにPCの前に座り、ニュース・サイトを走り見してYou Tubeにログインする日々となっています。

You Tubeの登録チャンネル数は、Twitterのフォローより多く、ジャンル的にも幅が広いので、時々、面白い動画が見つかります。今日覗いてみると、ミュージカルRENTのSeasons of loveが紹介されていました。

ミュージカルと言えば、劇団四季が京都劇場から撤退するみたいですね。オペラ座の怪人から、早十年ですか。専用劇場でなくなる今後、存続できるんでしょうか。

話を戻して、Seasons of loveですが、時々、耳にして、良い曲だなぁと思っていたのですが、ちゃんと聴くのは、これが初めてかも。で、「どんな歌詞なんだろ」と思って調べてみました。

Five hundred twenty-five thousand six hundred minutes.

525600分。60x24x365、つまり1年を分で表すした数。「秒」ではなく「分」を使うあたりが、アメリカ人っぽいかなと思うのは、私だけでしょうか?(まぁ、秒だと長すぎて曲に収まらないのかもしれませんが・・・)

How do you measure, measure a year?

1年を計る方法。古典的な日本人なら、四季のうつろいなんでしょうね。でも、そう問われると、「自分は、どうやって1年を計ってるかな?」と考えたりします。

525600分。長い? それとも短い? 感じ方は人それぞれでしょう。歳と共に短くなっていくような気もします。しかし、決して小さな数ではない。525600回もの瞬間が積み重なって1年になっていく。

Five hundred twenty-five thousand moments so dear.

だから、1つ1つ、大切に計りながら1年を過ごしていこうよ。そんな意味がこめられているのかなとか思いながら、歌詞を見ていました。ゴスペル調という事もあってか、"Love"(「男女の」というより「神の」が付く感じの"Love")が前面に出る歌詞ではありますが、良い曲だと思います。

Seasons of Love - Rent (Music Video) - YouTube

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/23

暫く、TVは見るものが無いと思ってござったが

いやぁ、「境界線上のホライゾンII」が面白い!

特に、10、11、12話と見入ってしまいました(笑)。

この作品、元が文庫で、アニメ版ストーリーは超圧縮+大割愛版なので、ストーリー追うのが大変だったり、展開がわからなかったりします。原作を読めば良いのですが、これが、かなり膨大なので、現状では、ちょっと無理っぽいのですが、オタな(いや失敬。ホライゾンをコヨナク愛する)方々の解説がネット上にでるので、それでストーリーを補いながら見ております。

とは言え、そんな予備知識が無くても、アニメ版は、すごく出来が良く、引き込まれてしまいます。久しぶりに、サンラ●ズの本気を見たような気がします。

今回のクールは、点蔵とメアリ、ネジンバラとシェークスピア、セグントとフアナ、宗茂と誾(に二代乱入)といった、ラブ満載(笑)のエピソードが続いていますが(巷では「眼鏡壁ドン、忍者もげろ、おじさんはお幸せに。」の大合唱になっていたりしますが)、それぞれの話が素晴らしく、台詞、演出共、良く出来ています。馬鹿(トーリ)も、決める所は決めているし、最終話が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/19

最近のココログって

最近のココログって、設定方法が随分と変わってるんだ。

レイアウトに関して、「ここはセンタリングして、ここは右寄せ。」とか考えると、CSSをいじることになるんだけど(スタイルシートなんだから、それは、それで正しいと思う。)、idとかclassとかを知る術が用意されていないような・・・。

とりあえず、左上の印影はセンタリングしてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/29

モーパイにハマる

「モーパイ」と言っても、指で麻雀のパイを識別する事ではない(って、いきなりオヤジギャグ・・・)

永らくのご無沙汰でした。
凄まじく仕事が忙しく、休日は、ただ寝てるだけの日々を乗り越えて本日に至った、今日この頃。世は、やっとGW突入で浮き足立っているようですが、皆様、如何お過ごしでしたでしょうか。

さて、深夜活動かった多い私は、夜中のアニメ放映を見る事が多く、「シャナ」や、「とある」や、「イカちゃん」等、いくつかハマってきました。地デジになるときに、HDDが付けられるTVに買い換えたので、最近は、翌日に録画を見る事が多くなりましたが、深夜アニメを、よく見ています。

で、最近、ハマっているのが「モーパイ」こと「モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)」です。原作は「ミニスカ宇宙海賊」。これが、なかなか面白い。

一部ファンは、主人公、加藤茉莉香のフト●●に釘付けのようで(笑)、密かに(?)盛り上がっているようですが、宇宙船+クルーの日常ドタバタというストーリーに、トレッキーな私は、大ハマりです。

昨今のアニメは、ともすると、変に深刻ぶったり、みょうな伏線を入れようとして収集がつかなくなったりと、見ていて、疲れるものも多いのですが、この作品は、ある意味、楽に見られていいですね。

加藤茉莉香に「さあ、海賊の時間だ!」(これって、やっぱりノダ●から?)と元気に叫ばれると、なんとなく気分がよくなります。

前半は、少しモタついた感はありましたが、徐々に調子を上げてくる完投型の作品っぽいので、今後の展開が楽しみです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/01

年末に投稿を飛ばされた

あけましておめでとうございます。

実は、年末に投稿しようとしたのですが、ココログに拒否されてしまい、挙句、投稿内容を消されてしまいました。

Nifty-serveから使い続けている私からすると、どうも最近のNiftyは・・・な事が多い。

この前も、イブの夜にNiftyの代理店らしき所から電話が来て、「お得なプラン」を説明したいとか言うので断ったら、「興味はないのか」、「お得だから入れ」と、しつこく言ってきて電話を切らない。挙句に「断る理由は何か」と言うもんで、

「(TPOも考えず)こんな時間に、(相手の都合も考えず)勧誘する所とは、取り引きする気はないですわ。」

と言って電話を切りました。

プラン変更のお知らせならメールで済む事。なぜ、相手を電話口に出して、相手の意向を無視して商談を行おうとするのか。人それぞれに事情があり、高くても、そのプランを続けざるを得ない人だっているだろうし、「安いから」、「お得になる」と言えば誰でも飛びつくと考えるのは、あまりにユーザを馬鹿にしすぎではないかな?

まるで、自分たちの給料は下げずに、増税だけを押しつけてくる、どこかの政府みたいですよ。そんなことより、もっとサービスの充実とか考えたらどうでしょうか?

さて、年始から怒っていても始まらないので、ゲームの話題でも。
(それにしても、IMEの誤変換が酷い。さすがは毎糞ソフト製って、また愚痴になってしまった)

帰省すると田舎なので、通信環境が悪くなる。常時接続でなくなるし、ただの電話しかなかったりするので、モバイルでの接続となってしまいます。また、年末年始はTVも面白くないので見なかったりすると、暇になったりします。

で、スマホでFREEのゲームでもと思い、Androidマーケットから「エルスの天秤」を落としてきました。雰囲気は、DQのような懐かしさがあります。マップも、かなり巨大なので、遊びごたえはあります。ただ、御存じのように、Androidは電池の減りが激しく、長時間プレイが出来ないのが最大の欠点かも(笑)

ひょっとしたら、ゲームを長時間させないように、わざと電池を減らしているのではと思うくらいです。

まぁ、帰省してまでゲームやるのもなぁとか思われない方には、ちょうど良いかもです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/19

Niftyは何故にNTPサーバを提供しないのか?

NTPサービスというのは、時間合わせを行うためのサービスの事を言う。簡単に言うと、定期的に「今何時?」とNTPサーバに問い合わせて、返答された時間情報を自身の時計に設定するサービスだ。

さて、日本国内で早くから、このNTPサイトを立ち上げていたのが福岡大学だった。ところが、この福岡大ホストにトラフィックが集中し悲鳴を上げている。なんと1秒間に900件ものアクセスが発生したというのだ。

本来、NTPは、こういったアクセス集中を防ぐためにサーバを階層構造にするという機構を持っている。つまり、正確な時計を持つNTPサーバを最上階層として、この最上階層のサーバにアクセスして時間を合わせる(複数の)第2階層NTPサーバがあり、この第2階層NTPサーバにアクセスして…と何段にもNTPサーバを設置し、末端のクライアントは最寄り(ネットワーク的に近い)の第n階層NTPサーバにアクセスするようにして、多くのクライアントのアクセスが、一つのサーバに集中しないようにしているのだ。

今回の件は、こうした階層が未整備だった事もあり、最上階層の福岡大サーバに、多くのクライアントが直接接続しようとして発生したという事になる。こうなれば、当然サーバは負荷が大きくなり、場合によってはダウンする可能性もある。また、応答時間も延びていくだろうから、正確な時間設定も出来なくなる可能性が高い。福岡大は、そもそも大学である。言わばボランティアに近いNTPトラフィックで通信回線の空き帯域が無くなり、それ以外の通信が圧迫されて、本来の教育に支障が出るとなれば大問題である。

このような事態を避けるため、第2階層以下のNTPサーバが多く稼働し始め、多くのISPでも、NTPサーバが使えるようになった。ドメイン内のクライアントの時間合わせは、そのドメインのNTPサーバで行い、ドメインのNTPサーバが上位階層のNTPサーバにアクセスするというのは自然な考えであり、特定サーバへの集中も避けられる。NTPプロトコルの設計時の意図に合致する方法だろう。

ところが、NiftyはNTPサーバを持っていない。また持つ気もないようだ。確かに、サーバを設置すれば、今度は、そのサーバにアクセス集中が発生するかもしれない。しかし、これは前記の階層を作れば解決できる。現に、他のプロバイダは複数のNTPサーバを公開しており、それで十分に対応できている。

ISP(Internet Service Provider)とは、「インターネットのサービスを提供する者」という意味である。インターネットはwebやメールだけでは無い。NTPも立派な「インターネット・サービス」ではないだろうか?

Niftyは、「想像力の欠如」に陥っていないだろうか? 自社のサーバにアクセスが集中したとすれば、「他山の石」と知らん顔は出来なかっただろう。ましてや、福岡大サーバにアクセスした多くのクライアントはNifty経由だっただろう事は、容易に想像がつく。まったく無関係だとは言い切れないのだ。

少なくとも、問題を認識して対処した他のプロバイダと比べれば、「無責任で鈍重」という日本に蔓延する病に感染していると思われても仕方がないようにも思う。

日本の最有力ISPを自負されるのなら、もう少しフットワークを軽くし、「想像力」を働かせてほしい。もう一度言うが、ISPは「インターネットのサービスを提供する者」であって、決して「接続サービス(のみ)を提供する者」ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)