« また、再育成 | トップページ

2020/12/19

環境の再育成(2)

とにかく、早いところgnomeをやめたいので、

$ sudo apt-get install kubuntu-desktop

インストール時に、sddmを使う旨の説明が出ます。gdmとsddmのデフォルト選択はsddmにしてみました。lightdmは、今回入れていません。
インストール後、再起動すれば、KDE環境になります。

この後、KDEデスクトップを自分好みにセッチングし直します。

さて、内蔵HDDは、この時点ではマウントされていません。そこで、/etc/fstabに追加しておきます。

/dev/sda2 /mnt/hdd defaults 0 2

これで、再起動するれば、内蔵HDDもアクセス可能になります。

ここからが永いんですが。。。

mpv導入

$ sudo apt update
$ sudo apt install mpv

動画サブネイル

KDE Plasma 5だと、サブネイルは問題なく出るので、設定の必要はないようだ。

No Minecraft No Life.

ランチャーの扱いが変わってましたな。

まず、Minecraftのダウンロードサイトから、ランチャー(Minecraft.deb)を落としてくる。Debianパッケージなので、そのままインストールできる。(ファイルマネージャー上でダブルクリックすればインストーラが立ち上がる)

後は、~/.minecraftをバックアップから引き戻す。(実際は、外付けSSDにあるディレクトリを.minecraftにシンボルリンクするだけ)

これで、メニューにMinecraftが出てくるので、ランチャーを起動できるようになる。しかし、Javaは入っていない。。。
常用はMinecraft 12.02なので、java8を入れる。

$ sudo apt update
$ sudo apt-get install openjdk-8-jre

で、Minecraftは無事に起動した。

Atom

以下のサイトから、debファイルを持ってきてインストール。インストールしたら、とりあえずJapanese-menuパッケージをインストールして日本語化する。

https://atom.io/

Graphvizをインストールしておく。

$ sudo apt update
$ sudo apt install --no-install-recommends graphviz graphviz-dev

あとは、plantuml.jarをダウンロードしておく。

https://plantuml.com/ja/download

最後にAtomでPlantuml-previewパッケージをインストールし、設定で、plantuml.jarのパスを入力すれば使えるようになる。

Markdownについては、markdown-preview-enhancedとmarkdown-to-pdfパッケージを入れてる。
なお、markdown-preview-enhancedはpandocを使う。pandocは、結構、いろいろな場合に使われるのでインストールしておく。

$ sudo apt update
$ sudo apt install pandoc

|

« また、再育成 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« また、再育成 | トップページ