« ああ、またも毎糞ソフトかぁ - LinuxランチャーでのMinecraft 1.12.2の起動方法- | トップページ | 環境の再育成(2) »

2020/12/19

また、再育成

最近、Cinnamonが重いと感じ始めたので、KDE Plasmaに乗り換えた。

「なぜ、より重たい環境に?」

と思われたかもしれないが、KDE Plasma 5は、なんとCinnamonより軽くなっており、起動してしまえば快適に動く。しかし、メインで使っているHPのPCはHDD仕様なので、起動が、とても遅い。。。

使っている、HP Slim Desktop 290には、M.2のスロットが1つ空いているので、SSDを付けようかと思い、内蔵HDDの使用量を調べてみると、内蔵のHDDは200GB弱しか使用していなかった。これは、何代もPCを乗り換えてきた結果、外付けのHDDやSSDに、ほとんどのデータを逃しているためなのだが、このサイズなら、SSDは512GBで十分そうだった。(内蔵HDDは1TB)

さて、購入前に、ちょっとググってみると、HP Slim Desktop 290にM.2 SSDを取り付ける場合、以下の問題があるようだった。

  1. SSDのインターフェースはPCleでないと認識しない(SATAは認識すらできないという報告あり)
  2. SSD固定用のネジがないので、別途、用意する必要がある(自社で買わせたいための、HPの嫌がらせ?)

なので、Amazonで探して、SSDと、ねじセット(M2ネジが含まれているもの)を購入した。

SSDを装着し、PCの電源を入れて認識したのをBIOSで確認したので、外付けや内蔵HDDを一旦外して、予めDVDに焼いておいたUbuntu 20.04LTS 日本語リミックスのLiveCDでSSDに新規インストールを行った。このとき、別のDVDも試したので、UEFIからレガシーにBIOSを切り替えたが、もしかすると必要はなかったかもしれない。

とりあえず、インストールが終わったので、BIOSで、レガシーモードをOFFしてUEFIに戻し、起動順序でSSDを優先するように切り替えた上で、内蔵HDDと外付けドライブをすべて接続して、再起動すると、問題なくSSD起動した。

「うわっ、起動早っ!」

しかぁし! 立ち上がってきたのは当然ながらGnomeなのよね。。。。

で、アップデート後の最初の作業。

sudo apt install fcitx-mozc

で、「設定」→「地域と言語」→「インストールされている言語の管理」ボタン押下すると、インストールが足りないよというメッセージダイアログが出るので、「インストール」ボタンを押してインストールする。すると言語サポートのダイアログが表示されるので、IMシステムを、iBusからfcitxに切り替える。

最後に

sudo apt purge ibus

を行い、再起動すれば、バイバイiBusできる。

さて、環境をやりなおしますかねぇ。。。

|

« ああ、またも毎糞ソフトかぁ - LinuxランチャーでのMinecraft 1.12.2の起動方法- | トップページ | 環境の再育成(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ああ、またも毎糞ソフトかぁ - LinuxランチャーでのMinecraft 1.12.2の起動方法- | トップページ | 環境の再育成(2) »