« 2020年1月 | トップページ | 2020年12月 »

2020/04/19

ああ、またも毎糞ソフトかぁ - LinuxランチャーでのMinecraft 1.12.2の起動方法-

流石に、1.7.10当時のランチャーが古くなったので、サイトから新しいのを落とそうと思って、Minecraftのサイトに行ったのだが、ダウンロードボタンが出ないなぁ。。。

色々と試行錯誤して(Mojangのサイト側で設定しては、ページに入り直す等)、突然、既にJavaエディション持っているのでアップデートしてくれみたいなメッセージが出てきた。。。なんで?

Microsoftって、なんで、こんなにWebサイトの作り方が下手くそなんだ? 無駄な認証やチェックをかけまくって、しかも裏で動かそうとするから、何が問題なのか利用者にわからない。問題点のサジェスチョンが無いから、結局、総当りする羽目になる。総当りしまくって、最後に、IEでアクセスしろとか言われ、涙目になった方も少なくないのでは?

さて、とりあえず、ダウンロードにたどり着き、別ダウンロードを叩いて、debファイルを落としてきて、セットアップする。ランチャーを立ち上げると、プロファイルを引き継いでいたので、1.12.2+Forgeのプロファイルで起動すると、エラーが出て動かない。

Kuzumicrosoft1

もうね、予想に違わないよね、毎糞ソフトって。。。しかも、これじゃ、何をどう対処したら動くかわからない。。。

そこで、ちょっと確認してみた。

  1. Minecraft 最新版(Lastest)を起動してみる(1.15.2)→成功
  2. Minecraft 1.12.2のみ(Forgeなし)を起動してみる→失敗!

この時、古いランチャーを起動してみようとしたのですが、リセットしろと言われてリセットすると、プロファイルが全滅してしまいました。あーあ、、、

さて、Profileは作り直すとして、原因は何なんでしょうか?

ごちゃごちゃ、いじって、犯人確定です。

Kuzumicrosoft2

「JAVAのパスの指定」が、「ランチャー付属のJavaランタイムを使用」ってなってます。

え?システムのデフォでも、Profileに前に設定しておいたパスでもなくて??
いや、確かに、お前ん所の糞OS(Windows)は、デフォルトでJavaが入ってないけどさぁ、元の指定を無視すんなや、ボケが。

で、当然ながら、「ランチャー付属のJavaランタイム」って、Java 8ではないので、1.15は動くけど、1.12は動かない。

互換性を考えれば、バージョン毎に「ランチャー付属のJavaランタイム」を切り替えるところだけど、「互換性? 何それ美味しいの?」な毎糞ソフトに、

それを求めるのは不可能です。(糞ですから。。)

という、訳で、「JAVAのパスの指定」には、Java 8のパスを入れて下さい。これで、起動できます。

Kuzumicrosoft3

まぁ、昔からLinuxでMinecraftやってる人も少ないだろうから、引っかかる人も少ないんだろうけど。。。

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年12月 »