« Pythonでグラフィックやるには? | トップページ | Python Programing on Raspberry PI 3B+ »

2018/11/23

おお、Wizardry!

Pythonでゲームのネタ探しで、Wizardryあたりが、ちょうどよいから、誰か作ってるかもと思ったら、javaで作った人が居るらしい。

で、ダウンロードして動かしてみました。

うっわぁ!「狂王の試練場」じゃんこれ、 懐かしい!!(何でも、「剣匠王の試練場」とのこと、トレボーじゃないのね)
と言う訳で、ハマってしまいました。(笑)

Screenshot_from_20181123_135412

ふむ、冒険者の宿は健在だが、ギルガメッシュの酒場と、ぼったくる・・・ボルタック商店は、名前が変わってますね。この辺は、著作権への配慮かな?
著作権といえば、やっぱり、呪文名が使えないのねぇ(笑)

Wizardryは、好き嫌いが分かれるゲームです。最近の至れり尽くせりなゲームをやっている人だと、ストーリーすら存在せず、グラフィックも絵が出る程度の、このゲームは、「何が面白いの?」と思う人が多いですが、私のようにAppleⅡからやってると、これがなんとも言えず楽しいんです。

「Wizardryは、プレイするんじゃない、嗜むんもんだ、いいね!」

|

« Pythonでグラフィックやるには? | トップページ | Python Programing on Raspberry PI 3B+ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おお、Wizardry!:

« Pythonでグラフィックやるには? | トップページ | Python Programing on Raspberry PI 3B+ »