« 引き戻したんだけど | トップページ | IISかぁ »

2013/03/20

KVMでブリッジ。ああ、そうか。

さて、KVMの引き戻しをしていて、

「ああ、そうだ、virbr0を外すんだった。」

と、本ブログの【Fedora17にアップしたので】を見ていて、ふと思った。

「ん? これってブリッジを用意してくれてるって事だよね。」

ググってみると、Fedoraでブリッジ設定をしようとすると、NetworkManagerが悪さをするのでサービスを停止させ、古いnetworkサービスを開始する必要があるとの記述が散見される。これが、原因かなぁと思って、諦めていたのだが、ifconfigで表示される、このvirbr0は、間違いなくブリッジじゃないのか?

macvtapを使用するから必要ないと削除していたのだが、ブリッジにしないと使い辛い問題があった。

macvtapではホストとゲストで通信できない。ホストとゲストは、別のIPアドレスが割り振られているが、ゲスト上で、ホストのIPアドレスを指定しても、ルーティングしてくれないのだ。

この問題は仮想ブリッジを使えば解決する。その為に、NetworkManager下で、わざわざブリッジを作っているのがvirbr0という訳か。

試しに、仮想マシンのNIC設定を変更してみる。

以前の設定は、

ソースデバイス: ホストデバイス em1 : macvtap
デバイスモデル: ハイパーバイザーのデフォルト
Source code: Bridge

であったのを

ソースデバイス: 共有デバイスを指定
  ブリッジ名: virbr0
デバイスモデル: ハイパーバイザーのデフォルト

に変更して、仮想マシンを起動。Windowsが立ち上がったら、ホストのIPアドレスにpingをうってみる。

「あっ、届いた!」

ならばと、ホスト側でSambaをセットアップ。ほう、Fedora18からSamba4なんだ。
あら? Sambaが吸い込めない。また依存関係エラーか。とりあえず、引っ掛ったモジュールをyumで見てみると、@anacondaから?
yumで削除とインストールしてやると、fedoraリポジトリから正常に吸い込んだので、再度、Sambaをインストール。正常にインストール出来たのでサービスを登録した。

# yum -y install samba samba-client
# systemctl start smb.service
# systemctl start nmb.service
# systemctl enable smb.service
# systemctl enable nmb.service 

で、GUIのSamba設定もインストールしたのだが、今度は、ユーザ追加が動かない。またですか、Fedoraさん!
仕方がないので、smbpasswdコマンドでユーザを追加する。

# smbpasswd -a 追加するSambaユーザ名
Sambaパスワードの入力

その他は、GUIのSamba設定が使えたので設定して、ゲストのWindows側からアクセスしてみると、ちゃんと、共有ディレクトリが見れるではないか!。

という事で、ブリッジの問題は片付いた。

それにしても、何かと手間がかかるんだよなぁ。(^-^;

|

« 引き戻したんだけど | トップページ | IISかぁ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62500/56992393

この記事へのトラックバック一覧です: KVMでブリッジ。ああ、そうか。:

« 引き戻したんだけど | トップページ | IISかぁ »