« 2012年11月 | トップページ | 2013年5月 »

2013/03/30

やっとICカードの相互利用開始。だが・・・

やっと、全国のICカードの相互利用が開始されました。

関西では、PiTaPaしか使えなかった私鉄でICOCA(Suica)が使えるようになり、かなり便利になりそうです。特に、現状、お財布携帯で利用できるのがMobile Suicaだけなので、これが全私鉄で使えるのは、大きいですね。これで、JRと私鉄で別のICカードを持つ必要がなくなります。

また、関西圏以外から来られる方にとっても、いつも使っているICカードを利用出きるようになり、利便性が大きく改善されるのでは?

しかし、この流れに乗り遅れた交通機関があります。京都市営バス、いわゆる市バスです。

この市バス、基本的に大赤字で、毎年、京都市から多額の補助金で穴埋めしている状況です。
なので、各バスにICカードの読み取り器を取り付ける予算が無いとかで、PiTaPa(関東圏のPASMOにあたるもの)にも対応せず、かなり使い難い交通機関でありました。
そうこうしている内に、ICカードの相互利用が開始されてしまい、ますます他の交通機関との差がひらいてしまう結果となりました。

何といっても、同じ京都市営地下鉄は(乗り入れしている近鉄と関係もあってか)、ICカードの相互利用に対応してしまったので、「同じ京都市営なのに、なぜ使用できない!」と、ますます市バスを敬遠する人が出てくるのではと思います。(私も、選択肢が他にない場合以外は、乗りたいとは思わない。)

さすがに批判が多かったのか、焦った京都市交通局は、2014年度中に市バスのICカード対応を行うと表明したようですが、今までの事を考えると、「2015年3月末で不完全ながら対応。」てな事になって、「○○というICカード以外は使えません。」とか言っていそうな気がします。

そもそも、京都は観光で来られる方が多く、地下鉄網が貧弱なので、市内の移動にはバスを利用しようと考える人が多いはず。ICカードの相互利用が出来れば、「お手持ちのカードで乗車できます!」と謳って、利用客UPにもつなげるチャンスなので、本来なら率先して導入してもらいたい所ですが、この始末です。通勤で使わざるをえない私などは、経路に市バスが挟まるだけで気が重くなります。


ホームページを見ると「マイカーをやめて、エコな市バスに!」なんて謳っているようですが、交通機関はサービス業であり、サービスの質が悪ければ使ってもらえないのは自明ではないでしょうか?

例えば、

  • 各鉄道(市営地下鉄含む)の主要駅にバス停があるのに、その鉄道のダイヤを無視した時間表で運行されており、吹き晒しのバス停で長時間待たされた。
  • 最終電車で駅に到着したら、とうの昔にバスは運行を終えており、結局タクシーに乗るしかなかった。
  • 大学の入試があったのか、バス停には人集りが出来ているが、臨時ダイアが組まれず、なかなかバスに乗れない。乗ってみると、すし詰めで気分が悪くなった。

京都市民なら、こういった経験が、あるのではないでしょうか。

こういった事が、「少し、お金がかかってもマイカーやタクシーで行く方がよい。」という判断につながっているように思います。実際、京都に観光で来られる方に、「市バスは、お勧め出来ないです。」と言った経験が、一度や二度、いやもっと沢山あるのではないでしょうか?

こうゆうのを、知恵を出して解決するのが経営手腕なんじゃないかとも思うののですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/27

Fedora18にタスクバー(Tint2)

Gnome3にはタスクバーがない。アクティビティをクリックしてサブネイル画面で選択するから必要ないからと考えたからだろうが、Gnome2から使ってきた者としては、これが鬱陶しい。

もちろん、使い方は人それぞれなので、「Gnome3のUIは素晴らしい!」という人もいるかもしれない。だが、多くの人が、「使い辛いなぁ」と思っているのではないか?

タスクバーに限らず、Gnome3はデフォルトでは、最大化、最小化のボタンもない。

最大化については、

  • タイトルバーのダブルクリックで可能。

  • 「Drag-to-snap」(ウィンドウのタイトルバーを画面端にドラッグする操作) で可能。

との理由らしい。

個人的には、タイトルバーのダブルクリックは納得できる。ボタンより広い領域がクリック範囲になるので、使い勝手が良い。「Drag-to-snap」は好きではない。下にあるウインドウを見たいのでドラッグすると、いきなり勝手に最大化されて、非常に鬱陶しいのだ。いわゆる「大きなお世話」機能の一つだという印象しかない。

下にあるウインドウを見たい場合、最も単純な方法は、上にあるウインドウを「最小化」する事だが、Gnome3のデフォルトでは、この最小化ボタンもない。Gnome3の開発者は、「仮想デスクトップを利用することで解決可能。」という理由で、最小化ボタンを廃止したらしい。

つまり、「仮想デスクトップを利用すれば、そもそもウインドウが重なる事はない。」という事であろうか? ウインドウ毎に仮想デスクトップを移動する? それとも、下のウインドウをトップに持ってくるために、「アクティビティ」をクリックし、サブネイルから見たいウインドウを探して、クリックする? 最小化ボタン一発で済む作業の為に、そんな鬱陶しい事をするのか?

という事で、キーワードは「鬱陶しい」。何かにつけて、Gnome3は鬱陶しいのだ。

Gnome3の開発者は「新しいインターフェース」を標榜して設計したというが、どう見ても、ユーザの使い易さより、見た目のインパクトに重点を置いた、いわゆる「虚仮威し」のような気がする。「どうだ、凄いだろう!」と言いたかっただけで、使う人の事を考えていないように思えて仕方がない。しかも、この点を批判されると、

「gnome-tweak-tool等を使えば、最小化/最大化ボタンは、いつでも復活できる。」

なんて事を言っている。「戻したい人は、戻せばいいじゃん」という話ではない。多くの人がボタン復活させているとしたら、「ボタンを廃止」という設計方針自体が間違っているという事にならないか?


文句ばかり言っていても始まらないので、Gnome3のカスタマイズをすることになる。カスタマイズする上で、まず、前述のgnome-tweak-toolは必須であろう。このツールで、最小化/最大化ボタンだけでなく、デスクトップにファイルを置けるようになる。これで、お馴染みのhomeディレクトリやゴミ箱が使えるようになる。また、外付けHDD/USBもマウントされると表示されるので、使い勝手が良くなる。私は、最小化ボタンのみ復活させている。gnome-tweak-toolのインストールはyumで行える。

# yum install gnome-tweak-tool

最小化ボタンにより、最小化したウインドウを元に戻したい場合、デフォルトのGnome3では、「アクティビティ」をクリックし、表示されたサブネイルから最小化しているウインドウ(サブネイル表示には、開いた状態のウインドウが表示される)を探してクリックする事になる。

これも鬱陶しいので、タスクバーを使いたい。Gnome-shell Extensionsを探すと、いくつかタスクバーがあるのだが、私は、Tint2を使っている。

これも、Fedoraのリポジトリに入っているので、インストールしてやる。GUI側のソフトウェアの追加と削除を使った方が検索が楽なので、

  • 「アクティビティ」

  • 「アプリケーション」(Fedora18では、左に表示されるランチャーの一番下にある「アプリケーションの表示」をクリックする)

  • 「システムツール」(画面の右側のメニューより選択)

  • 「ソフトウェア」

の順に選択していき、表示されたアプリの検索で「tint2」を検索する。tint2とtintwizardのパッケージが表示されるので、これを選択してインストールする。yumでやるなら、

# yum install tint2 tintwizard

となる。

ただ、これだとインストールされるだけで、タスクバーが表示されないので、tint2を起動してやらなければならない。毎回、ALT+F2でコマンド入力を出して"tint2"と打ってもよいのだが、やはりGnome鼓動時に自動起動させたいところである。この設定は、アクティビティからのメニューを辿っても行えない。

ALT+F2でコマンド入力を出して、gnome-session-propertiesコマンドを実行させる。これで、「自動機能するアプリケーションの設定」ウインドウが出る。「自動機能するプログラム」タブで追加ボタンを押し、表示されるダイアログのコマンドに"tint2"を入力する。名前と説明は適当なものでよい。追加出来たら、Gnomeを再起動すれば画面下にタスクバーが表示される。

タスクバーのカスタマイズは、tintwizardで行える。こっちは、「アクティビティ」→「アプリケーション」→「アクセサリ」に入っている。

これで、多少は、鬱陶しさから開放されるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013/03/22

IISかぁ

お仕事でASP.NETを調べる必要が出てきた。

「この星の人々は、相変わらず毎糞ソフト信者で困る・・・。」

と、トミー・リー・ジョーンズがBOSSを片手につぶやいたかどうかは知らないが、お仕事では仕方ない。

毎度お馴染み、毎糞ソフトのプロダクトなので避けてきたのだが、とりあえず、使えるようにするしかないようだ。 

で、ASP.NETというのは、Webアプリケーションフレームワークなのだが、IIS(Internet Information Services)が前提のようなので、VM上のVistaさんに、IISをインストールする必要があるようだ。とはいえ、それほど特殊な事をする必要はないらしい。

Vistaには、既にIISが添付されているようなので、設定を有効にしてやればよいらしい。ググったら、このページあたりに記述があったので、とりあえず、設定を有効にしてみた。が、WIndowsの設定変更が、延々と続いた末(30分以上待った)、やっとIISが動き出した。Vista上からhttp://localhostにアクセスしてみるとIISトップページ(というか画像)が表示された。

前回、ネットワークをブリッジに切り替えたので、ホスト上(Linux)から、ゲストのIPアドレスを指定してやれば、アクセス出来るはずと、やってみたがアクセス不能。少し考えて・・・、あぁ、WIndows側のファイアウォールを開けないとブロックされると気が付いて、無事にアクセス出来ました。

ふむ、ASP.NETってWebアプリケーションフレームワークで、動かす為には、当然、Webサーバと、アプリケーションサーバが必要になる。Linuxであれば、apache+Tomcat+JDKでサーバサイドスクリプトをJavaで記述となるが、ASP.NETでは、IIS+.NETフレームワークになり、C#やらVBで記述するという仕組みなんですな。IISは、Webサーバとアプリケーションサーバを兼ねているのか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/20

KVMでブリッジ。ああ、そうか。

さて、KVMの引き戻しをしていて、

「ああ、そうだ、virbr0を外すんだった。」

と、本ブログの【Fedora17にアップしたので】を見ていて、ふと思った。

「ん? これってブリッジを用意してくれてるって事だよね。」

ググってみると、Fedoraでブリッジ設定をしようとすると、NetworkManagerが悪さをするのでサービスを停止させ、古いnetworkサービスを開始する必要があるとの記述が散見される。これが、原因かなぁと思って、諦めていたのだが、ifconfigで表示される、このvirbr0は、間違いなくブリッジじゃないのか?

macvtapを使用するから必要ないと削除していたのだが、ブリッジにしないと使い辛い問題があった。

macvtapではホストとゲストで通信できない。ホストとゲストは、別のIPアドレスが割り振られているが、ゲスト上で、ホストのIPアドレスを指定しても、ルーティングしてくれないのだ。

この問題は仮想ブリッジを使えば解決する。その為に、NetworkManager下で、わざわざブリッジを作っているのがvirbr0という訳か。

試しに、仮想マシンのNIC設定を変更してみる。

以前の設定は、

ソースデバイス: ホストデバイス em1 : macvtap
デバイスモデル: ハイパーバイザーのデフォルト
Source code: Bridge

であったのを

ソースデバイス: 共有デバイスを指定
  ブリッジ名: virbr0
デバイスモデル: ハイパーバイザーのデフォルト

に変更して、仮想マシンを起動。Windowsが立ち上がったら、ホストのIPアドレスにpingをうってみる。

「あっ、届いた!」

ならばと、ホスト側でSambaをセットアップ。ほう、Fedora18からSamba4なんだ。
あら? Sambaが吸い込めない。また依存関係エラーか。とりあえず、引っ掛ったモジュールをyumで見てみると、@anacondaから?
yumで削除とインストールしてやると、fedoraリポジトリから正常に吸い込んだので、再度、Sambaをインストール。正常にインストール出来たのでサービスを登録した。

# yum -y install samba samba-client
# systemctl start smb.service
# systemctl start nmb.service
# systemctl enable smb.service
# systemctl enable nmb.service 

で、GUIのSamba設定もインストールしたのだが、今度は、ユーザ追加が動かない。またですか、Fedoraさん!
仕方がないので、smbpasswdコマンドでユーザを追加する。

# smbpasswd -a 追加するSambaユーザ名
Sambaパスワードの入力

その他は、GUIのSamba設定が使えたので設定して、ゲストのWindows側からアクセスしてみると、ちゃんと、共有ディレクトリが見れるではないか!。

という事で、ブリッジの問題は片付いた。

それにしても、何かと手間がかかるんだよなぁ。(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引き戻したんだけど

前に書いたように、Fedora18へのアップグレードが、結局、再インストールになったので、qemu/KVM上で使っていたWindowsも引き戻しになった。

当初、仮想マシンマネージャーが見つからず、yumでインストールしようとすると、依存関係で引っ掛かって取り込めなかった。

こうなると大事(おおごと)で、依存関係で引っ掛っているモジュールを確かめ、そのモジュールを必要としているモジュールのバージョンを確認して適正なものに合わせるという作業になる。

とりあえず、エラーが出ているモジュールをyumで削除し、再インストールする。最後に、glibc関連のバージョンが合わないというエラーが残った。glibc関連は当然保護されているので削除できない。このため、これを使っているモジュールを見付て削除→再インストール。無事に仮想マシンマネージャーを取り込んだ。

仮想マシンマネージャーが使えるようになったので、新しい仮想マシンを定義。バックアップしてあったHDDイメージを設定して、仮想マシンを復活。上手く起動したのだが、立ち上がってきたWindowsに、PCI関連のドライバがないと言われた。

とりあえず、Windowsのデバイスマネージャで、PCIのドライバを無効化してみたのだが、今度は、ハードウェアで追加した、USBメモリが読めなくなった。今、原因を探っている。

そんな中、仮想マシンのハードウェアを眺めていると、タブレットが入っている。特に使っていないので削除してみたのだが、こうすると、とても不便な状況になってしまう。

仮想マシンのグラフィックコンソール(要するに、仮想マシン上で動作するOSの画面)上でマウスをクリックすると、マウスが捕捉され、マウス・カーソルがグラフィックコンソールの外に出れなくなる。

具体的に言うと、グラフィックコンソールが表示されている、ホスト(Linux)のウインドウのクライアント領域内から出れなくなるのだ。これが曲者で、Windowsをフルスクリーン表示した時に画面サイズと合うように解像度設定をしてあったので、フルスクリーン表示でない場合は、グラフィックコンソールの一部しか表示されず、ウインドウの右下端にスクロールバーが出てくる(表示の自動調整はフルスクリーン時のみに設定してある)。
だが、マウスを補足されてしまうと、このスクロールバーにすら、マウスを持っていけない。マウス補足の解除は、CTRL(左)とALT(左)の同時押しで出きるのだが、クリックする度に、これをやるのは、非常に不便なのだ。

で、ググってみると、

マウスで VM ゲスト のコンソールを押すと、カーソルはコンソールウインドウ内に 捕捉され、明示的に解放 されるまで外側に移動できなくなります。ホストとゲストの間を自由に移動できるようにするには、 VM ゲスト にタブレットを追加してください。

なのだそうだ。ふむ、タブレットにも意味があるってことか。

さて、改めてUSBが繋がらない原因を探らないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/17

書き忘れた

いくつか抜けていたので補足。

まず、
■GNOME Shellのステータスメニューからログアウトの項目が消えている。

今回から、一般ユーザーが1人だけの場合、出ない仕様になったそうです。回避方法は、

$ gsettings set org.gnome.shell always-show-log-out true

で設定を変更してログアウトします、って、どうやってだよ!
以下のコマンドでログアウト出来ます。

$ gnome-session-quit

ネタ元:[Fedora 18] GNOME Shellのステータスメニューにログアウトの項目が無い

■一般ユーザーのUIDとGIDが変更されている。
今まで、インストーラで一般ユーザーを登録すると、UIDとGIDは500が割り当てられましたが、Fedora18では、1000が割り当てられます。この為、外付けHDD等のファイル所有者が不明になってしまいます。rootになりchownコマンドで一括してつけ直す必要があります。ただし、lost+foundのようにrootの持ち物まで変更しないように注意してください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

うーん、やはりダメだな

やっと、少し時間が出来たので、Fedora18に乗り換えてみた。

いつものように、インストール・メディアを落としてDVDに焼き、起動してみると新規作成しかできない???

あぁ、やっぱりね・・・。

Fedora Coreと呼ばれていた頃なら驚いただろうが、質の低下が著しい、この所のFedoraでは、ため息しか出ない。

「また、しょうもない事をしたんだろうなぁ。」とググってみると、どうやら、アップグレードする場合は、fedupなるツールをyumで落とし、そのツールにインストール・メディアを読み込ませてアップデートするのか。しかも、このアップグレードはFedora17→Fedora18のみ可能・・・。

なんか、危険な香りがするぞ。アップグレードされるFedora17が実行されている上でFedora18のアップグレードト作業を行うのか?

と思ったら、fedup実行後にPCを再起動して、GRABのBootメニューに「アップグレード」の選択肢が出るので、インストール・メディアをドライブに入れたまま、それを選べという事らしい。要するに、fedupは、アップグレード用の再起動エントリを作っているだけらしい。

だったら、なぜ変更した?

従来どおり、インストーラに付けておいても変わらないんじゃないのか?

まぁ、そんなこんなで、それなりの時間が経過してアップグレード処理完了。ログインしようと、マウスを動かすが無反応・・・。リブートしてみた。正常にブートするが、マウスが反応しない。

あぁ、やっぱりね・・・。 ┐(´д`)┌ヤレヤレ

Fedora17へのアップグレードは、奇数番マジックも手伝って『奇跡的』に上手くいったが、奇跡は何度も起こらないのが世の常。

そんな事だろうと、バックアップはとってある。Fedoraのアップグレードに挑戦する者は、皆、痛い目にあっているから、この辺は抜かりなく準備するようになるものだ。 ( ̄ー ̄)ニヤリ

私は以下のようにしている。


  • 残しておかなければならないファイル(ダウンロードしたデータファイルや重要なドキュメント等)は、アップグレード対象の本体HDDではなく、外付けHDDに保存する。

  • 速度の関係でKVM上のWindowsディスクイメージは本体HDD上にあるので、外付けHDDに退避さる(90GBもあるので時間がかかるが、この手間を惜しむと、後で大変な事になる)。

  • ホームディレクトリ下の.moziraディレクトリ下のfirefoxをディレクトリごとバックアップする。これを引き戻せば、Firefoxブックマーク、各ページでのユーザIDとパスワードの設定が引き戻せる。

  • ホームディレクトリ下の.thunderbirdをディレクトリごとバックアップする。これを引き戻せば、送受信メールだけでなく、メールサーバの設定や、アドレス帳も復帰する。

  • その他、引き戻したもの。

と言う事で、新規にFedora18をインストールする。Fedora17のパーティションは全削除を指示して、ついでに、ファイルシステムをLVMからbtrfsに変えてみる。今回、インストーラも変更されているので、どこで何をするかが解りにくい。これも変更する意味があったのだろうか?

どうにかインストール完了。今度は無事にマウスが動いた。が、ここからが大変なのである。

最初にやるのが、アップデート。とりあえず、yumを使って最新状態に持っていく。

次に、インストールした状態のGnome3が、まるで使いものにならないので、

  • gnome-tweak-toolを導入して最小化ボタンを有効化する。
  • .moziraディレクトリ下のfirefoxを引き戻してfirefoxを使える状態にして、GNOME shell extensionにアクセス。タスクトレイの代わりになりそうなものをインストールする。が、流石は最新。使えない物が多いので、ある程度のもので我慢する。
  • IBus-Anthyの設定を変更して「半角・全角」キーで切り替えが効くようにする。

あれ? キーボードのレイアウトが英語になってるぞ?? 設定を日本語(Anthy)ではなく日本語にすると切り替わる。で、日本語(Anthy)に戻すと、そのまま106キーボードだ。(後で判るのだが、再起動すると英語レイアウトに戻ってしまう。/etc/vconsole.conf を変更したが改善されず。謎だ・・・)

後は、RPM-FUSIONのリポジトリを追加し、マルチメディア関係のアプリやらライブラリを引き込んで、動画(mp4)や音楽(mp3)を視聴出来るようにする。 ←今ココ

・・・_| ̄|○ ツカレタ

ここまでして、Fedoraを使い続ける事に疑問を感じる今日この頃。で、動かしてみると、今回変更された部分に不具合。

まず、nautils。Windowsで言うファイルマネージャだが、これが一新された。ところが、最大化すると、ウインドウのタイトルバーが、GNOME上部の黒いバーに入ってしまう。このため、最小化ボタン、およびキャンセルボタンが押せなくなる。つまり、サイズが変更できなくなってしまう。これでは、nautilsを複数起動しても、切り替えられないのだ。回避策がないものか試すと、最大化したnautilsのツールバーを左ドラッグして引き下げると、脱出出来るようだ。この現象はnautilsだけでなく、ソフトウェアの追加と削除(今回、名前が「ソフトウェア」に変わっている)でも発生するが、firefoxやgeditでは発生しない。

どうして、こうなった・・・。 ┐(´д`)┌ヤレヤレ

また、現状で動画のサムネイル表示が出来ていない。うーん、色々と、弄り回した挙句、完成度がイマイチの典型かも。

Fedoraは、最新のソフトウェアを先行して取り込む事を目的とするディストリビューションである。この為、動作不良が起き易い事は理解できる。しかし、物には限度というものがある。特に、インストーラ等は、ディストリビュータが独自で作っているものであり、せっかく安定しているものがあるのに、わざわざ、テストが不十分なものに変える必要があるのだろうか。結局、売り物であるRHELに組み込むための実験以外には、その意味を見出せない。

Fedoraさん、こんなんで、本当にいいんですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年5月 »