« だからMSは嫌われる(セキュア・ブートって) | トップページ | 暫く、TVは見るものが無いと思ってござったが »

2012/07/31

再アクティベーションに陥る

記事でも書いてきたように、現在、Fedora17+KVM環境で、Windows Vista(パッケージ版)を仮想環境にインストールして使っている。

当初、仮想ディスクの不足やら、サービスパック適用に伴う起動不良やらで、オンラインのライセンス認証が上手く行かず、電話問い合わせによるライセンス認証を行い、Vistaは無事にアクティベーションされていたのだが・・・。

前の記事でも書いたように、Fedora 16で、インストール不良からアップデートが上手くいかず、クリーンインストールする羽目になった。またWindowsのネットワーク接続が上手くできなかったので、そのままになっていたものを、Fedora 17(こちらはアップデート成功)にした所で、macvtapを使用してネットワーク接続をクリアした。

Vistaの仮想イメージは、バックアップしてあったものを、そのまま使用しているので、Vistaの再インストール等は行っていないのだが、仮想マシンのハードウェア設定が変わってしまったのか(KVM環境もアップデートされたので、それによる仮想ハードウェアの設定が変わったのかもしれない)、Vistaのライセンス認証を再び要求される事になった。

しかも、前回のライセンス認証があるので、プロダクトキーが重複するため、オンラインのライセンス認証が使えず、結局、また、電話でMSのライセンス窓口に電話し、事情を説明して、ライセンス認証(アクティベーション)を行う羽目になった。

確かに、Vistaが出た頃は、仮想環境は一般的ではなく、ハードウェア情報は変わらなかったのかもしれないが、仮想環境ではハードウェア情報が頻繁に変わることが予想される。ライセンス認証を保持するために、変更してはいけないハードウェア情報が何か明確でない以上、この方法は、かなり使い難いと言ってよいと思う。

MSには、もう少し、(サイトのリンクを何度も辿らないと見つからないとかではなく、明確に)情報を出してもらいたいものである。

また、Vistaのサポートが打ち切られた後、新しいマシンへインストールした場合、ライセンス認証はどうなるのだろうか? 「サポートが切れたので、もう使えません。」というのでは話にならないが、ずっと電話対応する事も出来ないだろう(もし、そうなれば、その維持費用が新製品に転嫁される事になり、あまり現実的とは思えない)。

|

« だからMSは嫌われる(セキュア・ブートって) | トップページ | 暫く、TVは見るものが無いと思ってござったが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62500/55321575

この記事へのトラックバック一覧です: 再アクティベーションに陥る:

« だからMSは嫌われる(セキュア・ブートって) | トップページ | 暫く、TVは見るものが無いと思ってござったが »