« thunderbird 1.0.6日本語版 | トップページ | いつまでも、新品同様? »

2005/08/09

やっぱり、もう一回やりますか…

CNet Japanの記事より:

  Microsoftは、先ごろリリースしたWindows 2000用アップデートに見つかった互換性の問題を修正する作業を進めている。

 同社は、6月に公開した「Windows 2000 Update Rollup」が、登場から5年が経つ同OSにとって最後のメジャーアップデートになるとしていた。だが、これらのパッチが一部ユーザーのシステムで問題を引き起こしていることから、同社ではその修正に取り組んでいることを明らかにした。

これが「最後」と言っていたくせに、最後に番号が付与されていた「Windows 2000 Update Rollup 1」ですが、どうも修正パッチが出そうです。

Win2Kから早く乗り換えてほしいMSは、新機能を追加するService Packは、もう出さないという事で「Update Rollup」というパッチ集に切替えたのでしょうが、2010年までサポートがあるのに、「最後のメジャー・アップデート」としてしまったのは、ちと時機尚早だったようです。

まぁ、「もう手をかけたくない」という意志表示なんでしょうが、ユーザ数が多いので、WinMEのように、あっさり切り捨てるという訳にもいかないようです。

さて、Update Rollup 1が出た後も、いくつかの脆弱性が公表されていますが、それらのパッチも含む新しいパッチ集が出るんでしょうか。

|

« thunderbird 1.0.6日本語版 | トップページ | いつまでも、新品同様? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62500/5383110

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり、もう一回やりますか…:

« thunderbird 1.0.6日本語版 | トップページ | いつまでも、新品同様? »