« Firefoxで脆弱性が再発 | トップページ | Outlook Expressに脆弱性 »

2005/06/15

Fedora Core 4 リリース

早速、Fedora Core 3からアップグレードしました。特に問題なくアップグレード出来ました。

印象としては、Fedora Core 2からFedora Core 3の時の様な、見た目の大変化はありません。JAVA開発環境と、Eclipseがディストリに含まれたので、アップグレード後に追加してやる必要がありました。

とりあえず、快適に使っています。

--[6/15]追記--
問題点がありました。SELinuxのカバー範囲が増えたのでSambaが動かなくなります(^^;
手っ取り早く対処したければ、「デスクトップ」→「システム設定」→「セキュリティレベル」を開いて、SELinuxタブのSamba設定で、nmbd/smbdのSELinux保護を無効化しリブートするといった処置が必要なようです。この時、iptablesも設定が変わるので注意してください。まぁ、本当は、SELinux保護をちゃんと設定した方がセキュリティ上は良いのでしょうが。

SELinuxがアクセスをブロックしたかどうかは、システム・ログを見ると(kernelメッセージ)判ります。

CNET Japanの記事より:

 Red Hatが、フリー版Linux「Fedora Core 4」を発表した。同社はこの製品をリリースすることで、オープンソース開発の最前線で用いられる仮想化技術やプログラミングツール、その他のソフトウェアの発展を促進させようとしている。

|

« Firefoxで脆弱性が再発 | トップページ | Outlook Expressに脆弱性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62500/4558063

この記事へのトラックバック一覧です: Fedora Core 4 リリース:

» Fedora Core 4でSELinuxを無効にする [TEMPEST社長ブログ]
Fedora Core 4では初期設定でSELinuxが有効になっていますが、問 [続きを読む]

受信: 2005/06/30 13:44

« Firefoxで脆弱性が再発 | トップページ | Outlook Expressに脆弱性 »