« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005/03/31

PSPのデッド・ピクセル

アメリカでPSPが発売されて、すぐに液晶のデッド・ピクセルが問題になってるようです。デッド・ピクセルとは、液晶画面の特定のドットが常に黒くなってしまったり、点灯しっぱなしになってしまったりする現象の事です。私もPSPユーザですが出ていますね、確かに。

Sony Computer Entertainment America(SCEA)の担当者は「常に点灯するか常に消灯してしまうドットが1個や2個発生することはよくあることで、故障ではない」と宣わったそうだが、本当にそうなのか? 液晶テレビや液晶ディスプレイ、携帯画面では、あまり聞かない気もするのだが。やはり液晶技術では、ソニーって駄目なんだろうか? 「ゲームや動画再生に支障がないからいいじゃん」というのは、ベータ等で、あれほど画質に拘っていた会社とは思えない気もする。一昔前のソニーなら、「常に点灯するか常に消灯してしまうドットが1個や2個発生することはよくあることだが、我々には許容しがたい事実だ。」とか言いながら、高いクオリティを求めて、頑張っていたんじゃないかな。なんとなく「落日のソニー」という単語が頭に浮かぶのは、私だけだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »