2020/12/19

環境の再育成(2)

とにかく、早いところgnomeをやめたいので、

$ sudo apt-get install kubuntu-desktop

インストール時に、sddmを使う旨の説明が出ます。gdmとsddmのデフォルト選択はsddmにしてみました。lightdmは、今回入れていません。
インストール後、再起動すれば、KDE環境になります。

この後、KDEデスクトップを自分好みにセッチングし直します。

さて、内蔵HDDは、この時点ではマウントされていません。そこで、/etc/fstabに追加しておきます。

/dev/sda2 /mnt/hdd defaults 0 2

これで、再起動するれば、内蔵HDDもアクセス可能になります。

ここからが永いんですが。。。

mpv導入

$ sudo apt update
$ sudo apt install mpv

動画サブネイル

KDE Plasma 5だと、サブネイルは問題なく出るので、設定の必要はないようだ。

No Minecraft No Life.

ランチャーの扱いが変わってましたな。

まず、Minecraftのダウンロードサイトから、ランチャー(Minecraft.deb)を落としてくる。Debianパッケージなので、そのままインストールできる。(ファイルマネージャー上でダブルクリックすればインストーラが立ち上がる)

後は、~/.minecraftをバックアップから引き戻す。(実際は、外付けSSDにあるディレクトリを.minecraftにシンボルリンクするだけ)

これで、メニューにMinecraftが出てくるので、ランチャーを起動できるようになる。しかし、Javaは入っていない。。。
常用はMinecraft 12.02なので、java8を入れる。

$ sudo apt update
$ sudo apt-get install openjdk-8-jre

で、Minecraftは無事に起動した。

Atom

以下のサイトから、debファイルを持ってきてインストール。インストールしたら、とりあえずJapanese-menuパッケージをインストールして日本語化する。

https://atom.io/

Graphvizをインストールしておく。

$ sudo apt update
$ sudo apt install --no-install-recommends graphviz graphviz-dev

あとは、plantuml.jarをダウンロードしておく。

https://plantuml.com/ja/download

最後にAtomでPlantuml-previewパッケージをインストールし、設定で、plantuml.jarのパスを入力すれば使えるようになる。

Markdownについては、markdown-preview-enhancedとmarkdown-to-pdfパッケージを入れてる。
なお、markdown-preview-enhancedはpandocを使う。pandocは、結構、いろいろな場合に使われるのでインストールしておく。

$ sudo apt update
$ sudo apt install pandoc

| | コメント (0)

また、再育成

最近、Cinnamonが重いと感じ始めたので、KDE Plasmaに乗り換えた。

「なぜ、より重たい環境に?」

と思われたかもしれないが、KDE Plasma 5は、なんとCinnamonより軽くなっており、起動してしまえば快適に動く。しかし、メインで使っているHPのPCはHDD仕様なので、起動が、とても遅い。。。

使っている、HP Slim Desktop 290には、M.2のスロットが1つ空いているので、SSDを付けようかと思い、内蔵HDDの使用量を調べてみると、内蔵のHDDは200GB弱しか使用していなかった。これは、何代もPCを乗り換えてきた結果、外付けのHDDやSSDに、ほとんどのデータを逃しているためなのだが、このサイズなら、SSDは512GBで十分そうだった。(内蔵HDDは1TB)

さて、購入前に、ちょっとググってみると、HP Slim Desktop 290にM.2 SSDを取り付ける場合、以下の問題があるようだった。

  1. SSDのインターフェースはPCleでないと認識しない(SATAは認識すらできないという報告あり)
  2. SSD固定用のネジがないので、別途、用意する必要がある(自社で買わせたいための、HPの嫌がらせ?)

なので、Amazonで探して、SSDと、ねじセット(M2ネジが含まれているもの)を購入した。

SSDを装着し、PCの電源を入れて認識したのをBIOSで確認したので、外付けや内蔵HDDを一旦外して、予めDVDに焼いておいたUbuntu 20.04LTS 日本語リミックスのLiveCDでSSDに新規インストールを行った。このとき、別のDVDも試したので、UEFIからレガシーにBIOSを切り替えたが、もしかすると必要はなかったかもしれない。

とりあえず、インストールが終わったので、BIOSで、レガシーモードをOFFしてUEFIに戻し、起動順序でSSDを優先するように切り替えた上で、内蔵HDDと外付けドライブをすべて接続して、再起動すると、問題なくSSD起動した。

「うわっ、起動早っ!」

しかぁし! 立ち上がってきたのは当然ながらGnomeなのよね。。。。

で、アップデート後の最初の作業。

sudo apt install fcitx-mozc

で、「設定」→「地域と言語」→「インストールされている言語の管理」ボタン押下すると、インストールが足りないよというメッセージダイアログが出るので、「インストール」ボタンを押してインストールする。すると言語サポートのダイアログが表示されるので、IMシステムを、iBusからfcitxに切り替える。

最後に

sudo apt purge ibus

を行い、再起動すれば、バイバイiBusできる。

さて、環境をやりなおしますかねぇ。。。

| | コメント (0)

2020/04/19

ああ、またも毎糞ソフトかぁ - LinuxランチャーでのMinecraft 1.12.2の起動方法-

流石に、1.7.10当時のランチャーが古くなったので、サイトから新しいのを落とそうと思って、Minecraftのサイトに行ったのだが、ダウンロードボタンが出ないなぁ。。。

色々と試行錯誤して(Mojangのサイト側で設定しては、ページに入り直す等)、突然、既にJavaエディション持っているのでアップデートしてくれみたいなメッセージが出てきた。。。なんで?

Microsoftって、なんで、こんなにWebサイトの作り方が下手くそなんだ? 無駄な認証やチェックをかけまくって、しかも裏で動かそうとするから、何が問題なのか利用者にわからない。問題点のサジェスチョンが無いから、結局、総当りする羽目になる。総当りしまくって、最後に、IEでアクセスしろとか言われ、涙目になった方も少なくないのでは?

さて、とりあえず、ダウンロードにたどり着き、別ダウンロードを叩いて、debファイルを落としてきて、セットアップする。ランチャーを立ち上げると、プロファイルを引き継いでいたので、1.12.2+Forgeのプロファイルで起動すると、エラーが出て動かない。

Kuzumicrosoft1

もうね、予想に違わないよね、毎糞ソフトって。。。しかも、これじゃ、何をどう対処したら動くかわからない。。。

そこで、ちょっと確認してみた。

  1. Minecraft 最新版(Lastest)を起動してみる(1.15.2)→成功
  2. Minecraft 1.12.2のみ(Forgeなし)を起動してみる→失敗!

この時、古いランチャーを起動してみようとしたのですが、リセットしろと言われてリセットすると、プロファイルが全滅してしまいました。あーあ、、、

さて、Profileは作り直すとして、原因は何なんでしょうか?

ごちゃごちゃ、いじって、犯人確定です。

Kuzumicrosoft2

「JAVAのパスの指定」が、「ランチャー付属のJavaランタイムを使用」ってなってます。

え?システムのデフォでも、Profileに前に設定しておいたパスでもなくて??
いや、確かに、お前ん所の糞OS(Windows)は、デフォルトでJavaが入ってないけどさぁ、元の指定を無視すんなや、ボケが。

で、当然ながら、「ランチャー付属のJavaランタイム」って、Java 8ではないので、1.15は動くけど、1.12は動かない。

互換性を考えれば、バージョン毎に「ランチャー付属のJavaランタイム」を切り替えるところだけど、「互換性? 何それ美味しいの?」な毎糞ソフトに、

それを求めるのは不可能です。(糞ですから。。)

という、訳で、「JAVAのパスの指定」には、Java 8のパスを入れて下さい。これで、起動できます。

Kuzumicrosoft3

まぁ、昔からLinuxでMinecraftやってる人も少ないだろうから、引っかかる人も少ないんだろうけど。。。

| | コメント (0)

2020/01/03

いやぁ、熱いぜ!

ラズパイ4の続編です。

ラズパイのケースは、店で最安値だった、白とピンク(「マジェンダだ」by ディケイド)のものなのですが、このケースやたら厚く、通風口がない。このため、熱が溜まりやすく、CPU温度が70℃近くになってしまいます。

解決案は、ケースの上蓋を外して基盤むき出しで使うでした。現在、温度は56〜63℃前後で推移位しています。これでも、基盤裏面が冷えないので、ちょっと考えものです。

現在、ラズパイ4はmp3再生マシン、兼、インターネット・アクセスマシンになってます。

 

| | コメント (0)

2020/01/02

お正月、ラズパイ4に翻弄される

あけましておめでとうございます。

で、ラズパイ4です。

帰省するので、足を失くした古いモニタを持って帰ってラズパイ4を動かそうとしたのですが。。。

おおっと、HDMIがマイクロになってる。。。ケーブルがぁ! 元旦から営業のジョーシンへ行く。。。

ラズパイ3に入れてあったMicroSDを入れてみる。。。立ち上がった!ケースに入れるために電源切って、再度動かそうとすると、あれ?動かない。MicroSDが凄い熱を持っている。。。Windows PCに入れても、認識できない。。。

幸い、ラズパイ3Bは、素晴らしく安定して動いていたので、そちらで、正常に動いているMicroSDをラズパイ4に入れてみる。結果は同じ。一度電源を切ったら、お釈迦でした。

結局、MicroSD(32GB)を2枚食われました。。。

手持ちで残った、64GBにNOOBS入れて差し込んだのですが、今度は、何も動きませんでした。NOOBSは、exFatに対応していないようです。Windows 10では、Fat32を選択できません。

で、ネット調べてみました。結論としては、exFatでFormatしておき、公式ホームページで、「Fat32 Format」からプログラムをダウンロードして実行する必要がありました。詳しくは、この ページを参照してください。

さて、Fat32フォーマットされたMicroSDにNOOBSを入れて、起動してみましたが、途中でラズパイがリセットしてしまう現象が多発しました。よく考えると、ハードの負荷でSDが飛んだ可能性があったので、最大出力の小さなUSB電源(コンセントからUSBに電源を供給する、コンビニに、よく売ってるやつ)を使ってました。これ、1.8A前後の出力でした。

はい、電力不足です(笑)。でもその時点では気づかず、ラズパイ3Bでセットアップし、ラズパイ4に戻し、やはり、時々、リセットされて、ようやく気が付きました。

電源を、大電流のものに交換し、ケースに、きちんと収めて立ち上げると、正常動作します。SDを壊した原因は、電源を切る際に、本体側のコネクタから、ケーブルを引き抜いていたため、その際に基板に触れてしまったか、抜き方が悪く、サージがかかったのかもしれません。
この辺りを、改善してからは、うまく動いているようです。

でも、MicroSDの予備が亡くなったので、また買いに、また、ジョーシンへ行く羽目になりましたが。。。

さて、使用感ですが、やはりメモリが大きいのは、良いことです。CPUも、それないりに速いかなと思います。Youtubeの1080のミュージックビデオをフルスクリーンモードで再生しても、カクつきもほとんどなく、快適に再生できるようです。とはいえ、ダンスシーンは、カクつきます。これは描画側の問題かなぁ。

そして、USBのポートには青色が2つ、黒色が2つになっています。青の2つはUSB 3で、これで、外部のHDDとかが便利になりそうです。

とりあえず、サーバー用途には使えそうですが、一つ問題があります。今回、本体んとケースだけなので、あっという間に高温になります。

ヒートシンクを付けていないので、PyCharmあたりを動かしていると、熱の警告が表示されました。基本的にヒートシンクと、できればファン付きのケースが必要かもしれません。

以上、ファーストインプレッションでした。

 

 

| | コメント (0)

2019/12/22

おおっと!

せっかく、環境を戻して、楽しくやっていたのですが、

今度はPCが動かなくなった。。。

配電盤工事があったので、PCの電源を落とし、念の為に再立ち上げしたら、BIOSのスプラッシュ画面で固まってしまい、BIOSにすら行けなくなった。

 

ああ、もう!!!

 

壊れたのが、ドスパラのデスクトップで、机に置くにはデカかったので、小さいのにするかと、ヨドバシ直行。。。
陳列してたので、良さそうなのを探して、hpの小さめのマシンを買ってきました。

帰宅後、ubuntuを入れようとしたら、画面解像度がデフォの800x600しか選べない。。。。

結果、インストーラのボタン部分が見えん!

「この俺を、一体誰だと思っているんだ!」

と叫んで、ブラインドタッチ(笑)で、インストールを成功させました。プレインストールの窓は即削除で寿命30分でした。

ホントは、プレインストールされていないマシンが欲しかったんだけど、イマドキ、店頭にはないしなぁ。。。

 

て、またも、データの引き戻しにかかっています。

ちなみに、壊れたPCからは、HDDを抜き取り、裸族に挿して確認したところ、問題なく読めたので、マザーか、周辺の何かが壊れて起動時チェックが終わらないかの、どちらかだと思われます。まぁ、HDDが読めれば、引き戻しは楽ですが。。。

さてと、もどすかぁ・・・

 

| | コメント (0)

2019/06/09

着々と復旧中

Ubuntu 18.04 LTSで環境整備を続けている。

1. mpv導入

まずは、これを入れないと動画再生が始まらない。(笑)

 $ sudo apt install mpv

 

2. 動画サブネイルが出ねぇ!

ypaaaaaaaaaaaaaaaa!! (錯乱)

$ sudo apt install ffmpegthumbnailer

あれ?まだ出ねぇ??

おまけだ、持ってけ!!

$ sudo apt install gstreamer
$ sudo apt install ffmpeg
$ sudo apt-get install libgstreamer1.0-0 gstreamer1.0-plugins-base gstreamer1.0-plugins-good gstreamer1.0-plugins-bad gstreamer1.0-plugins-ugly gstreamer1.0-libav gstreamer1.0-doc gstreamer1.0-tools gstreamer1.0-x gstreamer1.0-alsa gstreamer1.0-gl gstreamer1.0-gtk3 gstreamer1.0-qt5 gstreamer1.0-pulseaudio

ffmpegthumbnailer外したり入れたりを繰り返してるうちに、表示された。

 

3. No Minecraft No Life.

.minecraftはバックアップしてるから引き戻す。(というか、外付けSSDにあるディレクトリを.minecraftにシンボルリンクしているので、リンクを張るだけ)

起動したら、落ちた。。。

おう! JAVAが入っていない。

おのれ! オラクル!!(再び、錯乱)

$ sudo apt install openjdk-11-jdk

 しかぁし!、実行で失敗する。。。

ああ、MinecraftはJava8でした(笑)

$ sudo apt remove openjdk-11-jdk
$ sudo apt-get install openjdk-8-jre

よし、動き出した!

守銭奴オラクルJavaは入れたくないですが。Javaは入れざるを得ないんですよね。

 

4. 変態Gnomeをやめる

元々、UbuntuはUnityだったがGnome3に変わった。どちらもMac大好きな皆さんが作ったので似てようだが、GnomeでUnityぽいインターフェースにしたりして、Gnomeの使い難さとUnityの使い難さの相乗効果になっているように思う。

そんなにMacが使いたかったら、Mac買えばいいじゃん!

私はWindowsが嫌いですが、それでも「全てにおいてMacはWindowsより優れている。」という考えには賛同できません。特に、UIは好みや、それまでの経験で、個人差が大きいものです。何でも「Macに倣え。」とはいきません。

で、Cinammonに切り替えることにした。もちろんGDMもLightDMに切り替え。

「なんで、Mintにしなかったの?」という点には、ROSがありますので(笑)

$ sudo add-apt-repository ppa:gwendal-lebihan-dev/cinnamon-nightly
$ sudo apt install cinnamon

再起動して、ログインでシナモン選択して。。。おし、動いてるようだ 

で、LightDMに切り替え 

$ sudo apt install lightdm

ほい、再起動。。よし!ログイン画面が変わった!! 

 

5. そしてiBusを排除!

Cinnamonインストール直後は、日本語変換が使えない。デフォルトがiBusになっていないので、IMEを起動できないようだ。

いままでiBusを使ってきたが、印象が悪い。正直、使いたくない。

で、Cinnamonはデフォルトで、Fcitxを使用するようなので、そちらに切り替える。

$ sudo apt install fcitx-mozc

この後、

  1. メニュー→「設定」→「言語サポート」でダイアログを開いて、「キーボード入力に使うIMシステム」をfcitxに切り替える。
  2. メニュー→「設定」→「Fcitx設定」でMozcを選択する。

で、無事に日本語が打てるようになった。

バイバイiBus!!

 

| | コメント (0)

2019/06/04

引き戻しが大変

もうねぇ、通信速度制限で、アップデートが進まんのよ。。。

ブラウザは、設定フォルダごとバックアップしてるから、すぐ戻るが、、、

 

あっ、JAVA入ってないや。

 

あっ、Python 3.6じゃん。

 

うぅ、Pycharmが。。。

 

ああ、AtomとPlantUMLが。。。

 

あああああっ! Sphinx入れ直しかよ!

 

うわぁ、mpvもかぁ。。。ってことはff-mpegもg-streamerもだよねぇ・・・

 

 

 

| | コメント (0)

2019/06/02

バイバイFedora

Fedora 30 にアップデートしようとしたのだが、更新アプリ(「ソフトウェア」)からインストールをかけると、5GB強読み込んでインストール失敗。仕方がないので、コマンドラインでdnf使ってインストールしたら、また5G強読み込んで、インストールしたが、無線が使えなくなった。ドライバをインストールしようとしたが、insmodで蹴られる。で、リブートしたら立ち上がらない!

現在、UQ使っているので、これで3日10G超による通信速度制限をくらってしまいます(それも3日間)。

これだけの犠牲を払って、この出来です。

Fedora Linuxは、本当に屑です。

悪いことは言いません。時間を無駄にしたくなければ、Fedoraは捨てましょう!!!

 

こう叫びたくなるような、屑ディストリです。

代替ディストリビューションは山ほどあります。サーバー用途でRPM系が良いのならCentOSにしておくのも手でしょう。

とりあえずは、雑誌に付録で付いていた、Ubuntu 18.04 LTSを入れてみました。あーら、びっくり最初から無線が使えるじゃん!

さて、環境を引き戻すか。。。

 

 

| | コメント (0)

2019/03/03

ROS2はFedoraに載るの?

多分、Ubuntu一択状況は変わらん気がする。。。

現在、ソースのビルド中。。。

で、ROS2をFedora 29(x86_64)に載せようとしてみた。

ググってみると本山あたりに記事があった。
このページの左を見ると、"Building ROS 2 on Fedora Linux"てのがある! すばらしい!!

でジャンプすると。。。おい!!

First install a bunch of dependencies:

$ sudo dnf install cppcheck cmake libXaw-devel opencv-devel poco-devel poco-foundation python3-empy python3-devel python3-nose python3-pip python3-pyparsing python3-pytest python3-pytest-cov python3-pytest-runner python3-setuptools python3-yaml tinyxml-devel eigen3-devel python3-pydocstyle python3-pyflakes python3-coverage python3-mock python3-pep8 uncrustify python3-argcomplete python3-flake8 python3-flake8-import-order asio-devel tinyxml2-devel libyaml-devel

Then install vcstool from pip:

$ pip3 install vcstool

With this done, you can follow the rest of the instructions to fetch and build ROS2.

こんだけか。。。要は差分だけで、あとは"Building ROS 2 on Linux"を見ろとゆことらしい。

で、指示通りに進もうとするのだが、このページ、Ubuntuベースじゃん。。。

順に進んでみますか。。。
まずLocale設定は、英語にしろだ! 無視。


aptでもってくるののうち、以下は多分入いている。
* build-essential
* cmake
* git
* wget
* python3-vcstool
* python3-pip

残るは、
* python3-colcon-common-extensions \
* python-rosdep

python-rosdepはdnfでインストール(python3-rosdep)できるが、colconはできない。
どうするのか探してみると、ここに、やり方が書いてあったので、やってみた。要はリポジトリを登録するのか。

$ sudo dnf copr enable cottsay/colcon

$ sudo dnf install python3-colcon-common-extensions

が、リポジトリのキャッシュエラーでcolconがインストールできない!!
解決方法探すと、/etc/yum.repo.dまでいって、定義ファイルのhttpsをhttpに書き換えれば良いらしい。(またCAのメンテさぼった?)

で、やっとソースをダウンロード。(つか、最初、上を全て飛ばして、いきなりダウンロードした)

$ mkdir -p ~/ros2_ws/src

$ cd ~/ros2_ws

$ wget https://raw.githubusercontent.com/ros2/ros2/release-latest/ros2.repos

$ vcs import src < ros2.repos

ダウンロードできたら、rosdepを初期化。。。
これもUbuntuか、とりあえず文句を言われるものを抜いてやってみる。

$ cd ~/ros2_ws

$ sudo rosdep init

$ rosdep update

$ rosdep install --from-paths src --ignore-src --rosdistro crystal -y --skip-keys "console_bridge fastcdr fastrtps libopensplice67 libopensplice69 rti-connext-dds-5.3.1 urdfdom_headers"

これで、やっと、ソースビルド。めでたし!

$ cd ~/ros2_ws

$ colcon build --symlink-install --merge-install

で、かれこれ1時間は経ってるんだが。。。終わる気配がない orz...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«明けました、おめでとうございました(笑)