2017/12/02

I-O DATAのHDD(HDCL-UTE1K)が動かなくなったので対応

自宅の、I-O DATAのHDD(HDCL-UTE1K)の電源が、突然入らなくなった。

このHDDは、何ヶ月か前に、「動画増えてきたし、携帯型のHDDに入れておくのも何だし・・・」と、近くの家電量販店で1TBで安値のものを探して、「とりあえず、WDみたいだし大丈夫だろ」と購入したもの

自宅の、外付けHDDでは、このHDDが最新になる。Seagateの2TBですら、倍以上の期間動いてるんですが・・・

元々、Linuxを再起動すると他のHDDは繋がるが、こいつだけアクセスランプが黄色になり繋がらなかった。このため、毎度、HDDの電源ON/OFFで認識させていたのだが、今日、電源をONすると、一瞬、青白い点灯があり、すぐに電源が切れてしまうという症状が発生。


「いや、データほぼ満タンだったんだけど・・・」
「ああ、この所、忙しくてバックアップとってなかったなぁ・・・・」
「はい? 半年前のバックアップしかない?!」
「うわー、データ復旧どうしよう(涙目)・・・・」

とまぁ、こういう状況に陥りました。

で、端から、カスタマセンターに連絡なんて時間の無駄をする気がないので、自分で何とかすることにしました。


同じような状態に陥って、何かないかと、ここに辿り着いたアナタ!
まずは、落ち着いて下さい。
こういう場合、慌てると、ロクな事になりません。
間違っても、トンカチで外付けドライブを破壊したりしないでくださいね。(^^;

よく考えれば、

動かなくなったのは、I-O DATAのハードであって、WDのHDD本体は生きているはずです。(I-O DATAは信用できないが、WDは多少信用できるだろう)
なので、HDD本体を取り出しで、I-O DATAハードを排除の上で、PCに直接接続してやれば読めるはず。
で外付けの蓋を外すと、ああ、WDのHDDが入ってますな。SATA接続です。

HDD本体をPCに接続する簡単な方法は、HDDスタンド(HDDクレードル)の使用です。
ネットで調べると、大体2,000〜4,000円くらいである事がわかりました。
注意点は、3.5’’が入るものであることでしょうか。


さらに検索していくと、同じような状態に陥った人は居るもので、

「外付けHDD 分解 io data アイ・オー・データ HDC-LA4.0 22時間使用で故障」

という動画をyoutubeで見つけました。
やりたいことが、まんま動画になっていました。ありがたいことです。


さて、入れ替え用のHDDとHDDスタンドを家電量販店で買ってきました。
多分、ネット通販の方が、随分と安いと思いますが、急ぎだったので現物を買ってきました。

買ってきたのは、ド定番の「裸族のお立ち台 USB 3.0 V2」です。3000円ちょっと超えるくらいでした。

で、後はI-O DATAの外付けを、上記の動画の要領で分解し、クレードルをPCのUSB-3に接続して、取り出したHDDをクレードルに差し込んで、クレードルの電源を入れると、

はい、Linux(うちはFedora 27)で無事に認識しました。やっぱりデータは無事だったようです。
という事で、「裸族のお立ち台 USB 3.0 V2」はLinuxでも、問題なく使えます。(^^)b

今、新しく買ってきたHDD(今度はElecomにしてみました・・・)に1TB絶賛コピー中です。

という事で、何とかなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/27

Fedora 25 が出たので その後(一部解決編)

うーん、なんだかなぁ。

一部の問題が解決しました。

① nautilusが動画サブネイルを作らない
はい、うんともすんともですね。~/.cache/thumbnailsを削除すると、ぜ〜んぶ、映画フイルムマークですわ(嘲笑)
で、原因はというと、/usr/share/thumbnailers の下に適当なスクリプトが無いためです。
いやホント、このディレクトリ見てみましたが、ほとんどナーンにも入ってませんでした。
で、昔の記憶が蘇ってきました。

そういえば、ffmpegthumbnailer てのがあったよね。

というわけで、早速インストールです。

$ sudo dnf install ffmpegthumbnailer

これで、ちゃんと/usr/share/thumbnailers下にもスクリプトが登録されます。
おおっ! サブネールが出始めました!!

で、解決。

② tint2(起動したウインドウのリストを画面下に表示する)がfirefox以外のアプリに反応しない
これは、正確には、端末やnautilusが出てこないよで、GNOMEで提供された以外のアプリは表示されます。
これは、場当たり的に解決しました。

まず、tint2をアンインストールし、gnome-tweak-toolの拡張機能でWindow Listというのがあったので、それをONにしました。これで、GNOME2のように下側にリスト表示がされます。

まぁ、これでも、まぁ、いいかなという事で解決。


駄菓子歌詞・・・、だがしかし、
デスクトップへのアイコン表示は相変わらず出来ません。
MATEやCinnamonでどうなるか試そうと、ディスプレイマネージャー をgdmからlightdmに切り替えたら、MATEやCinnamonで、あっさり表示されたのはいいのですが、この環境では日本語が使えない。
※正確には、入力メソッド(IM)が、うまく設定できず日本語入力が出来ない。

なので、これは、ちょっと様子見です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そしてGNOMEは・・・

もう一つ、Fedora25の問題点、
tweak-toolで設定しても、デスクトップにアイコンが表示されません!

まったく、何がなんでも「Macしたい病」ですな。Gnomeって、まさに死体化している気がする・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fedora 25が出たので

久々のFedoraの話題

かなり前に、Core2Duo搭載のマシンが悲鳴を上げたので、PCを交換しました。
で、プレインストールされていたWindows10を潰して、ubuntuの12LTS入れてみたのですが、画面周りがマズイらしく、何をやっても、1024x768以上が表示できない状態でした。

その他にも、いろいろと不具合があったので、Fedora23に乗り換えて問題解決となりました。

で、Fedora 25が出たのでFedora 23からアップデートしました。

とりあえず、一通りは動いているのですが、いくつか問題点が出ています。

① nautilusが動画サブネイルを作らない
② tint2(起動したウインドウのリストを画面下に表示する)がfirefox以外のアプリに反応しない

です。
そういえば、前にFedoraをアップデートした時も①が出ていたような。ubuntuもか・・・
Fedoraチームって、こうゆうの試さないんですかね。毎度の事ですが気が利かない。まぁ、売り物(RHL)では修正してるんでしょうが、アプデの都度、調整がいるようでは、Windowsに勝てないよねぇ。

②についてはGNOME3の「Macしたい病」で、GNOME2にあったのに、外されてしまった機能を補完しているのですが、何か変になってます。

うーん、これらって、GNOME使わなければ大丈夫な気がしてきたぞ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/20

Baby you're so classic!

最近のお気に入り。MKTOのキャッチーな曲。

最初は、「初月 is so Classic」という動画(第17回MMD杯に出ていたやつ)見て知った。
この動画は、とても良く出来ていて、ダンスと曲がベストマッチだった。
歌詞も、良い感じだし、いろんな人がMMDでやってくれてるので、よく見ています。

Out of my league
Old school chic
Like a movie star
From the silver screen
You're one of a kind living in a world gone plastic
Baby you're so classic

ほんとに、最近、plasticばっかりだよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/09

うーん、ダウンしてみるか

とりあえず、1.8でやり直してみた。1.8.0まで戻ると、ほとんどのmodが対応し、無事にTMIもMiniMapも動くようになった。ただ、FastCraftはないようなので動かしてみると、やっぱり重い感じがする。

次は、Inventory Crafting Gridを入れてみる。うん、これは、1.8.9用しかないな? 動くんだろうか?

で、竹MODは入るんだけど、モミジMODとApple&MilkTeaは1.7.10止まりで導入できない。biblioCraftも1.8.9用しかない。うーん、1.7.10に比べて、格段に品揃えが薄いなぁ

この辺りから、Mob Confinement_EB(しまっちゃうMOD) をダウンロード。これは、特にメイドさんと別のディメンジョン新国は必須なんだよね。後は、村人ゾンビをひっ捕らえて更生させるのにも利用してます。

で、メイドさんを導入しました。あとは、BuildCraftあたりでしょうかね。って、これも1.8.9ですか・・・。

結局、biblioCraftとInventory Crafting GridとBuildCraftはバージョンチェックで引っかかりました。
やはり、しばらくは1.7.10残留ですかねぇ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1.8.9に上げてみますか(その2)

さて、MOD導入です。

私の場合、すぐ迷子になるので、まずは、MiniMapです。ずっと、"Rei's Minimap"を愛用してきたのですが、開発は1.6.4で終わってるので、1.7.10以降は、海外サーバーShotbow Networkが独自変更したものを使うらしい(Japan Wikiより)。
この辺りからダウンロードする。これはLiteLoader用のMODなので、Forgeのmodフォルダの下に作られる 1.8.9 フォルダに入れれば良い。

次は、木こりMODですね。とりあえず、CutAllを入れときます。この辺りを探して、
[1.8.9][forge1742]mod_CutAllSMP_v2.5.0.zip
をmodフォルダに入れました。

お次は、チートの象徴、Too Many Items(TMI)です。私は、使い慣れたTMIを使いますが、流行りはNot Enough Items(NEI)でしょうか。とりあえず、Japan Wikiからページを辿って、この辺りにあった、Forge版をダウンロードして、modフォルダに入れました。

次は、SpawnChecker。やはり街建設には、これが基本ですね。この辺からダウンロードしてmodフォルダへ。

次は、武器と防具ですね。Extended Workbenchを導入します。この辺から、ダウンロードしてmodフォルダへ。


さて、ここまでは、ほぼ定番を入れてきたんですが、ここで、困ってしまいました。
武器に関しては、Balkon's Weapon modを愛用してきたのですが、1.7.10までしかサポートされていません。困った・・・。とりあえずは銃器は保留しておきます。

ここまでで、とりあえず起動してみます。

うーん、Rei's Minimapがひっかかってます。バージョンが合わないようですね・・・。とりあえず、こちらも、VoxelMapで代用しておきます。
それと、TMIもバージョンが合わないで失敗してますね・・・。

ふむ、もう少し、1.7.10にいたほうが良いようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1.8.9に上げてみますか(その1)

Minecraftは1.5.2の頃からやってるんですが、多数の皆様と異なって、Linux上でプレイしています。
とはいえ、JAVAで構築されているので、Windowsな環境とあまり変わらず、ひょっとすると軽いのかもしれません、

現状で、PCはi5/メモリ8GBで、グラボは付いていませんが、それなりにプレイ出来ています。

で、基本的には、MODを大量に入れて(場合によっては作って)楽しむ派タイプのプレーヤーです。チート嫌いの方は、戻るボタンです(笑)

さて、そんな訳で、1.7.10で永らくメイドさんと遊んでいたのですが、そろそろ、バージョンあげましょうかということで、1.8の最新版1.8.9を導入してみました。(えっ、1.10? MODも出揃ってませんので、「何の事かな?」ですよ、ハイ)

まぁ、LinuxでMinecraftやろうっていう、ある意味、変た・・ 猛者の方がMOD導入で苦労するとも思えないので、何を導入したかについてメモ程度に書いておこうと思います。

まず、Minecraft 1.8.9のバニラを吸い込んできました。私の場合、時々、Mincraftランチャーでlastestで最新版をロードしていましたが、1.8.9は動かしたことがなかったので、とりあえず、ベースになるプロファイルを作成しました。ただ、設定が面倒だったので1.7.10のプロファイルをコピーして、必要箇所のみ書き換えました。変更箇所は以下のようになります。

Profile Namesまあ、そうなるな
Game Directory /home/<ホームディレクトリ>/.minecraft/1.8.9としてあります。複数バージョンを使用する場合、こうしておかないと全て同じ場所になってしまうので、特にMODのことを考えるとバージョンごとに分けておいたほうが良いです。ちなみに、.minecraftはシンボルリンクで大容量HDDにリンクされていますので容量的には大丈夫です。
ResolutinデフォルトだとMODの表示が入らない場合があるので、1248x676にしてあります。
Use Version一旦、release 1.8.9にしましたがForge導入したら変更します。目的のリリースが見当たらなかったらlastestにして最新版をとってきます。
JVM Argments-Dfml.ignorePatchDiscrepancies=true -Xmx1G

さて、これで起動を確認したら、次は・・・

何はなくても最初はForge、入っていないと何にも出来ん。大阪ストラッド〜♪ きーほん!
すいません、意味不明でしたね・・・。

てなわけで、Forge導入です。この辺りのページから該当バージョンのインストーラーを落としてきました。現時点の最新版でとったので、11.15.1.1902でした。
あとは、JAVAでインストーラを起動するだけです。ちなみに、ディストリがFedoraなのでふつーにOpen JDK使ってます。

$ java -jar ./forge-1.8.9-11.15.1.1902-1.8.9-installer.jar

これで、ForgeインストーラーのGUIが動くので、クライアントに適用してやれば導入済みののものが、.minecraft/versions下に出来て、Mincraftランチャーのプロファイルで選べるようになります。

で先ほど作った、プロファイルのUse Versionのドロップダウンで探してみると、

release 1.8.9-forge1.8.9-11.15.1.1902-1.8.9

というのが出来てるので、そちらに切り替えて導入完了です。一旦起動してうまく行ったか確認します。

次は、OptiFineです。最近のOptiFineはForgeのModフォルダに入れれば動くので楽ですね。
この辺りから最新版をとってきて、modフォルダ(プロファイルで、Game Directoryを変更している場合は、その下にできるmodフォルダです。上記の場合、/home/<ホームディレクトリ>/.minecraft/1.8.9/modになります)に入れればOKです。

さて、これでMOD導入できるようになりましたが、私が使う一部のMODはLiteLoaderを使うので、こいつをForgeと共存させるようにしておきます。とは言え、やり方は簡単でした。

この辺りから、LiteLoaderのjarファイルをダウンロードしてきます。jarファイルの実態はzipですので、Fedoraの場合、ダブルクリックすればアーカイブマネージャーで開くことが出来ます。開いたアーカイブ中のjarを探して(今回はliteloader-1.8.9-SNAPSHOT-release.jarというファイルが入っていました)、それをForgeのmodフォルダに展開するだけです。

さて、これでMOD導入の準備完了です。さて、あとはメイドさんかなぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/06

raspbianにROS

パッケージはなさそうですので、ソースのビルドになります。

RaspbianはJessieをインストールしてあります。

基本的には、ここにあるとおりに進めていってます。

ROS variantは、おススメを無視してDesktopを選択してみました。
進めていくと、libconsole-bridge-devやliburdfdom-devのビルドがうまくいきませんでした。
ですが、これらはaptで導入可能なようですのでビルドしなくて良いようなので、aptで導入しました。

とりあえず、"Building the catkin Workspace"までやって、makeに入ったのですがうまくいきません。
原因の1つは、デフォで入っている、-j4 -l4のMakeオプションのせいで、コンパイラの内部エラーが出てしまうことですが、これは、-j1 -l1を指定すればパスできるようです。

もうひとつが、厄介で、rviz関連でエラーが出ます。これはrviz関連のモジュールを外してビルドしようとしています。

まぁ、rvizが使えないのは残念ですが、これでうまく行けばROSが使えるようになるかもです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/05

Raspberry Pi 2 Model B 買ってみた

久しぶりにマルツに行ったら、ラズパイ2があったので買ってみた。
専用OSやらubuntuやら乗っけて遊んでます。

とりあえず、動かすのに最低限必要そうなものを買いそろえました。

・本体
・専用ケース(これもマルツに売ってました)
・マイクロSD(最初に32GBのクラス4を買ってきましたが、後でclass10のものを追加で購入しました)
・HDMI→VGA変換(いまどき、こんな骨董品のディスプレー使ってる人っているのかな)
 ※某、大型家電量販店でワゴンセールしていたジャンクを発見して購入、2,000円しませんでした。
・USBキーボードとUSBマウスは、元々、あったものを使用。
・USB2のHUB
・スマホ用の充電機(持っていたものが、出力最大2Aだったので、そのまま使いました)

とりあえず、据え置きで使うので、有線LANを繋ぎます。
USBは4ポートありますが、不足しそうだったのでUSB2のHUB(電源が虚級出来るもの)を買ったのですが、
本体の電源は、前に買ったスマホ用の充電機を使ってます。

使ってみた感じ、まぁ、良くできています。
とはいえ、メモリこそ1GBありますが、CPUは、それなりの性能ですね。まぁ、Model Bは4コア載ってますから、
並行動作させて、やっとこさという感じです。

まずは、ROSを載せたかったので、lubuntuを入れてみました。まぁ、それなりに動いているようです。
で、今度は、raspbianをインストールして、ROSをビルドしています。いやぁ、こっちは手間がかかりますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ワイモバイルは、やめといたほうが良い